日本HP、企業の電力消費削減へ向けた災害対策​・節電ソリューション​を提供へ | RBB TODAY

日本HP、企業の電力消費削減へ向けた災害対策​・節電ソリューション​を提供へ

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

日本HP
  • 日本HP
 日本ヒューレットパッカード(以下、日本HP)は6日、企業による節電対策に関するニーズに応えるための、災害対策・節電ソリューションを提供していく方針を発表した。

 日本HPでは東日本大震災後のユーザーニーズを把握するため、4月に独自調査を実施。その結果、上位に挙がった項目は、「従業員安否確認システム」(31.0%)、「データセンターの移転、バックアップサイトの増強」(26.3%)、「通信、ネットワークインフラ」(25%)、「データバックアップシステム」(22.7%)、「クラウドコンピューティングの導入」(21.7%)、「モバイル通信インフラ」(19.7%)、「ノートPC」(18%)、「仮想化」(15%)などとなった。

 その結果から、同社はITに関する強化項目を、「データセンターの災害に対する強化」「クラウドの活用」「社員のテレワーク(在宅勤務など)を支援するITシステムの導入」の3つに分類。同社はこれらのニーズをカバーするため、既存の32のソリューションを体系化し、災害対策・節電対策ソリューションとして提供していく。32のソリューションは以下の11カテゴリーに分類される。

・「HP災害対策、節電ソリューション」
・「災害対策サイトの構築」
・「クラウド移管」
・「既存サーバーの節電機能の効果的活用」
・「既設サーバーの低電力モデルへの入れ替え」
・「ストレージ容量の削減」
・「メカニカル機構を減らし節電」
・「既設サーバーを仮想化等を用いて集約する」
・「災害対策やサーバー室のレイアウトや空調を見直し効率化」
・「データセンターの使用電力を確実に監視し節電を実現」
・「社員のリモート勤務を実現」
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top