NTTアイティ、ひかりサイネージにWindows対応モデルを追加……既存システムと連携が簡単に | RBB TODAY

NTTアイティ、ひかりサイネージにWindows対応モデルを追加……既存システムと連携が簡単に

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

クラウド:「BasicシリーズI-Wモデル」料金とライセンス
  • クラウド:「BasicシリーズI-Wモデル」料金とライセンス
  • オンプレミス:「ProシリーズI-Wモデル」料金とライセンス
  • 動作環境
  • 「ひかりサイネージ」サイト
 NTTアイティは28日、NTTグループが進めるデジタルサイネージソリューション「ひかりサイネージ」のIシリーズ(NTTアイティ社製)に、新たにWindows OS対応の「ひかりサイネージI-Wモデル」を追加することを発表した。2月1日から販売を開始する。

 「ひかりサイネージI-Wモデル」は、オフィスサイネージ(社内掲示板のデジタル版)での採用を想定しており、オンプレミス型の「Pro」と、クラウド型で提供する「Basic」の、2シリーズがリリースされる。STBとしてWindows PCが使えるため、既存のWindows対応のアプリケーション(例:業務システム/販売プロモーションシステム)やハードウェア(例:非接触ICカードリーダ)と、デジタルサイネージシステムを連携したシステム構築が可能となっている。

 またオフィス用PCの調達および管理を従来のままに行える。Proシリーズでは、CMSサーバをオンプレミス環境(イントラネット内)に導入することが可能。なお、「ひかりサイネージI-Aモデル」(Android OS対応)のCMSが、そのまま利用可能となっている。I-Aモデルのクラウドサービスと同じCMSでコンテンツと端末(Android端末STB/タブレットおよびWindowsPCベースSTBの3種の混在が可能)が管理可能。

 NTTアイティでは、導入検討から運用計画までのトータルソリューションとして、オフィスサイネージのサービスブランド“みるしるオフィス”を立ち上げる予定とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top