【地震】超高速インターネット衛星「きずな」、災害対策支援で活躍 | RBB TODAY

【地震】超高速インターネット衛星「きずな」、災害対策支援で活躍

ブロードバンド 回線・サービス

岩手県沿岸広域振興局(大船渡市)
  • 岩手県沿岸広域振興局(大船渡市)
  • 岩手県沿岸広域振興局(大船渡市)
  • 岩手県沿岸広域振興局(釜石市)に設置のPC
  • 岩手県沿岸広域振興局(釜石市)に設置のPC
  • 通信システム概念図
 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の災害対策支援として、JAXAは岩手県庁(災害対策本部)と釜石市(現地対策本部)、大船渡市(現地対策本部)の間に超高速インターネット衛星「きずな」を用いたブロードバンド環境を構築。災害情報の共有・発信にハイビジョンTV会議・IP電話・無線LANなどが利用されている。

 「きずな」の通信は大掛かりな地上局を必要とせず、宇宙から通信を行うため災害にも強いとされてきた。現在、大船渡市と釜石市の岩手県沿岸広域振興局に訪れる人がインターネットを利用できるようPCが設置されており、大船渡市沿岸広域振興局では無線LANも利用でき、個人のPCにて被災状況確認、路線バス検索、住宅や職探しなどの情報収集をする人が多くなっているという。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top