ウィルコム、最大42Mbpsの高速データ通信サービスを法人向けに提供開始 | RBB TODAY

ウィルコム、最大42Mbpsの高速データ通信サービスを法人向けに提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

「HX008ZT」
  • 「HX008ZT」
  • 「HX008ZT」の主な仕様
  • 「3G データ定額ビジネス(S)」の概要
  • ULTRA SPEEDの概要
 ウィルコムおよびウィルコム沖縄は11日、ソフトバンクモバイルのネットワークに対応した「WILLCOM CORE 3G」において、最大42Mbpsの高速データ通信サービスを提供することを発表した。

 同サービスは、隣り合った2つの帯域を1つの端末で同時受信することで、高速データ通信を実現する、ソフトバンクモバイルの「ULTRA SPEED」(DC-HSDPA)を利用したサービスとなる。法人向けに22日より提供を開始、同時に本サービスに対応するUSBスティック型データ通信専用端末「HX008ZT」を発売する。HX008ZTを利用することで、すでに提供中の「3Gデータ定額ビジネス(S)」において、従来と同じ料金で、通信速度最大42Mbps/上り5.8Mbpsの高速データ通信サービスが利用可能となる。

 「3Gデータ定額ビジネス(S)」は5回線より申込み可能な月額料金2,580円からの2段階定額制サービス(200万パケットの無料通信分込み)。当月使い切らなかったパケットは同一請求先の回線どうしで自動的に分け合える。「HX008ZT」の価格はオープン。対応OSはWindows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.4以降。対応OSはすべて日本語版、英語版となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top