IDCフロンティア、スマートフォンアプリ向けクラウドサービスを提供開始 | RBB TODAY

IDCフロンティア、スマートフォンアプリ向けクラウドサービスを提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「スマートフォンパック」紹介サイト(画像)
  • 「スマートフォンパック」紹介サイト(画像)
  • 「ライムライト・ネットワークス・ジャパン」サイト(画像)
 IDCフロンティアは8日、スマートフォン向けに提供されるアプリやWebサービスを対象とした、NOAHプラットフォームサービス「スマートフォンパック」の提供を開始した。

 「スマートフォンパック」は、IDCフロンティアのパブリック型クラウドサービスである、NOAHプラットフォームサービスをベースに、ネットワークの帯域保証とスケールアウトが即時に可能な予備サーバーを備え、あらかじめサーバーをスタンバイしておくことで、アクセス増にも即座に対応可能なサービス。サーバーやネットワークの機能を貸し出すクラウドコンピューティングサービスと、大規模・大容量ファイル向けコンテンツ配信サービスであるCDN(コンテンツ配信ネットワーク)をパッケージ化したものとなっている。

 最大1Gbpsのトラフィックバーストへの対応、ライムライト・ネットワークス社「Limelight DELIVER」など各種CDNサービスが利用可能で、海外に向けても大容量ウェブコンテンツを安定して高速に配信できる。仮想マシンは月額費用7,000円から利用が可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top