2015年までにWindows Phone 7がAndroidに次ぐスマートフォンOSに……IDC | RBB TODAY

2015年までにWindows Phone 7がAndroidに次ぐスマートフォンOSに……IDC

ブロードバンド その他

2011年、2015年のOSシェア比較
  • 2011年、2015年のOSシェア比較
  • Dell Venue Pro
  • Dell Venue Pro
  • 「HTC 7 Pro」
  • 「HTC 7 Pro」
  • HTC Surround
  • HTC Surroundはスライド式のスピーカーを搭載
  • LG Optimus 7
 米IDCは29日(現地時間)、スマートフォンの市場規模に関する予測を発表。その中で同社は、企業や一般ユーザーによるフィーチャーフォンからスマートフォンへの乗換がより進むことで、2011年のグローバルでのスマートフォン市場が49.2%成長すると予測。また2011年の出荷台数は、2010年の3億340万台から4億5千万台まで伸びると見込んでいる。

 「2011年はAndroid端末がスマートフォンOSのトップの座を占める。スマートフォンメーカーは、新規のユーザーをはじめ、より多くのユーザー層を取り込むため、ラインアップを広く深く充実させてくるだろう」と同社のシニアリサーチャーRamon Llamas氏は述べている。

 また2月にノキアはマイクロソフトのスマートフォンOS「Windows Phone 7」を自社製スマートフォンのプラットフォームとして採用することを発表したが、IDCは最初のノキア製Windows Phone 7端末の発売時期を2012年と予測している。

 IDCのデータによれば、2011年のOSシェアは1位の「Android」が39.5%であるのに対し、「Windows Phone 7/Windows Mobile」は5.5%で5位。しかし2015年には1位は引き続きAndroid(45.4%)であるものの、Windows Phone 7が20.9%までシェアを伸ばし、Androidに次いで2位のシェアを占めるとされている。一方で、2011年にシェア3位のiOS(15.7%)と4位のBlackBerry(14.9%)は、2015年にはiOSが15.3%、BlackBerryが13.7%となり、共に若干のシェア減となっている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top