Windows Phone 7とAndroidの割合は1:100……米調査会社がインプレッション数から算出 | RBB TODAY

Windows Phone 7とAndroidの割合は1:100……米調査会社がインプレッション数から算出

 米チティカリサーチ(Chitika Research)は15日(現地時間)、同社の広告配信ネットワークにおける、各種スマートフォンOSのインプレッション数の割合を発表した。今回比較の対象となったOSは、iOS、Android、Windows Phone 7の3種類。

ブロードバンド 回線・サービス
Chitika Researchの広告配信ネットワーク上のインプレッション数における各OSの割合
  • Chitika Researchの広告配信ネットワーク上のインプレッション数における各OSの割合
  • Android、iPhoneに対するWindows Phone 7の割合
 米チティカリサーチ(Chitika Research)は15日(現地時間)、同社の広告配信ネットワークにおける、各種スマートフォンOSのインプレッション数の割合を発表した。今回比較の対象となったOSは、iOS、Android、Windows Phone 7の3種類で、同社の広告配信ネットワーク上の31,528,981のインプレッション数を元に算出された。

 それによると、過去3週間における各OSのインプレッション数の比率は、Windows Phone 7を1とすると、Androidが100、iOSが172となった。グラフを見てみると、各OS間の比率は比較的変わらず推移しているようだ。同社は、「Windows Phone 7は概ね好評化を得ているものの、グーグルやアップルのようなスマートフォンマーケットですでに地位を築いている企業に対抗するのは難しいようだ」と述べている。またAndroidやiOSからのインプレッションのピークが週末に起きており、Windows Phone 7はBlackBerryのようにビジネス用途で健闘できる可能性があるとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top