東芝、電力管理機能を搭載したビジネスノート「dynabook Satellite B450」 | RBB TODAY

東芝、電力管理機能を搭載したビジネスノート「dynabook Satellite B450」

IT・デジタル ノートPC

「dynabook Satellite B450」正面
  • 「dynabook Satellite B450」正面
  • オプションでテンキーも選択できる
  • タフなビジネスシーンに対応すべく耐久性/堅牢性を重視
  • 蓄えた電力を電力使用ピーク時に使用できる「ピークシフトコントロール」
 東芝は30日、電力管理機能である「ピークシフト機能」を搭載したビジネスノート「dynabook Satellite B450」を発表。4月上旬から販売を開始する。価格は147,000円~。

 同製品は、15.6型液晶(1,366×768ピクセル)を搭載したビジネスノート。HDDは250GBだが、同社製の128GB SSDもオプションで選択可能。

 100kgf面加圧、70cm落下テスト、30cc防滴テストなどをクリアし、堅牢性を強化。さらに、PCシステムの使用状況監視を行なう「東芝PCヘルスモニタ」や、消費電力の抑制を行なう「TOSHIBA ecoユーティリティ」にくわえ、電力のピーク時間帯に入るとAC電源からの供給を止め、電力需要の少ない時間帯に蓄えたバッテリーを電源として動作させる電力管理機能「ピークシフト機能」を搭載している。

 おもな仕様は、CPUがインテルCeleron 925(2.3GHz)、OSがWindows 7 Professional 32ビット版、メモリは1GB(最大8GB)、光学ドライブはDVD-ROM。インターフェースはミニD-sub15ピン/USB2.0×4(うち1つはeSATA共用)/メディアカードスロット/マイク/ヘッドホンなど。本体サイズは幅305.0×高さ19~26.6×奥行き206.5mm。標準バッテリパック装着時の重さは2.4kgで、連続使用時間は1.6時間。なお、オプションでOffice Personal 2010、Office Home and Business 2010、テンキー付きキーボード、DVDスーパーマルチ、無線LAN(802.11a/b/g/n)などを選択可能となっている。
《》

関連ニュース

特集

page top