NTTドコモ、Android 3.0搭載デュアルコアタブレット「Optimus Pad L-06C」を31日に発売 | RBB TODAY

NTTドコモ、Android 3.0搭載デュアルコアタブレット「Optimus Pad L-06C」を31日に発売

IT・デジタル フォトレポート

Optimus Padを手にする山田社長
  • Optimus Padを手にする山田社長
  • Optimus Pad L-06C
  • Optimus Pad L-06C「Mat Black」
  • Optimus Pad L-06C「Mat Black」
  • 「Optimus Pad L-06C」
  • 「Optimus Pad L-06C」
  • Optimus Pad
  • Optimus Pad
 NTTドコモは28日、Android OS 3.0を搭載したLG製タブレット「Optimus Pad L-06C」を31日に発売すると発表した。東北地方太平洋沖地震の影響により、東北地域や関東甲信越の一部店舗にて配送が遅れているという。

 タブレット端末に最適化されたOS 3.0の搭載や、CPUに1GHzのデュアルコアプロセッサ「Tegra 2」を採用した点が特徴。ディスプレイは8.9インチのIPS液晶(1,280×768)。前面には有効画素数200万画素のカメラ搭載。背面には有効画素数510万画素のカメラを2基備えたことで、3D画像の撮影が可能となっている。またビデオ通話も行えるほか、搭載されたHDMIミニ端子を通して、大画面テレビへのフルHD動画出力もできる。

 通信関係は3G(FOMAハイスピード)、Wi-Fi。そのほか、Bluetooth 3.0、GPSを搭載した。外部メモリは非対応。バッテリ容量は6400mAh。本体サイズは幅243×高さ150×奥行き12.8~14.1mm、重さは約620g。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top