【地震】各地から応援消防隊員……被災地3県で2,250名 | RBB TODAY

【地震】各地から応援消防隊員……被災地3県で2,250名

ブロードバンド フォトレポート

3月13日浪板一丁目付近で逃げ遅れた人をハイパーレスキューが救出
  • 3月13日浪板一丁目付近で逃げ遅れた人をハイパーレスキューが救出
  • 3月13日浜町付近から水難救助隊が逃げ遅れた人を救出
  • 3月12日西みなと町付近・消火活動中
  • 3月12日西みなと町消防団と連携した消防活動
  • 3月13日鹿折川から放水用の水を大量に汲み上げているハイパーレスキュー
  • 3月12日錦町2丁目・福祉センター付近から救出
  • 3月12日消防隊が救出する様子
 総務省は22日、岩手県、福島県、宮城県における「緊急消防援助隊の活動状況」をサイトに発表した。

 被災地には北海道、青森、栃木など各地から被災者救助や搬送応援にかけつけており、その数は岩手県に99隊440人が、福島県に100隊372名が、宮城県に308隊1438名。このうち原発対応関係には、東京消防庁42隊136名、大阪市消防局16隊53名、横浜市消防局14隊41名、川崎市消防局10隊32名、新潟市消防局2隊4名、浜松市消防局1隊5名があたる。3県の合計は507隊2,250名。

 警察庁による18時の発表では死者・行方不明者の数は22,641名となっている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top