「通信業者は今が投資のチャンス」……IDCのスマートメーター市場予測 | RBB TODAY

「通信業者は今が投資のチャンス」……IDCのスマートメーター市場予測

ブロードバンド その他

IDC Japan
  • IDC Japan
  • 2010年の北米スマートメーター市場 出荷ベンダー上位5社
 IDC Japanは10日、世界のスマートメーターに関する市場予測を発表した。その中で同社は、2010年~2015年の世界のスマートメーター市場における年間平均成長率は13.0%で、総出荷台数は4億6,090万台に達すると予測している。この市場予測は、エネルギー業界などの市場や技術開発にフォーカスした同社のコンサルティングサービス「IDC Energy Insight」によるもの。

 2010年には政府の景気刺激策により、米国や欧州/中東/アフリカ(EMEA)におけるスマートメーターの普及が市場拡大の要因となってきたが、今後5年~10年間の市場の牽引役は、欧州や中国をはじめとするアジア/太平洋地域になるという。「IDC Energy Insight」のトラッカー製品プログラムマネージャー ライアン・リース氏は、「スマートメーターおよび通信事業者にとって、今が、成長が見込まれるこの市場に投資する絶好の機会になっている」とコメント。

 政府やITベンダーの双方が牽引しているというスマートメーター市場は今後、5社~7社のベンダーが占有する状態から、新興市場の大型案件成約に向けて多くのローカル製造企業が競合する状況へ変化するという。

 また同社は、スマートメーターの導入がスマートグリッド投資の「第1の波」であるとして、今後供給サイドの配電管理や配電自動化、需要サイドの家庭用エネルギー管理やスマートビルディング技術向けの追加投資も見込まれるとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top