NICT、光ファイバ1本の伝送容量109テラビットの世界記録を樹立 | RBB TODAY

NICT、光ファイバ1本の伝送容量109テラビットの世界記録を樹立

ブロードバンド テクノロジー

光ファイバ伝送容量の進展
  • 光ファイバ伝送容量の進展
  • マルチコアファイバの伝送容量の概念図
  • 光ファイバへの注入パワーの限界
  • 実験概要
 情報通信研究機構(NICT)は10日、オプトクエスト、住友電気工業と共同で、光通信における新型の光ファイバ1本で毎秒109テラビットの信号伝送実験に成功したことを発表した。これまでの世界記録である毎秒69.1テラビットを大きく超えるものとなる。

 現在の光通信は、細い糸のようなファイバ中の1本の光の通路(コア、直径9ミクロン)に、さまざまな光信号を送信するものとなっている。コアのエネルギー密度は太陽の表面並みに非常に高く、注入できる信号パワーの限界があるため、伝送速度は毎秒100テラビット近辺が限界と考えられていた。また、現在の光ファイバ開発当時に、1本のファイバに複数コアをもつマルチコアファイバも考案されたが、それぞれのコアから漏れた信号が干渉し合う、ファイバの結合時にコアがずれる等の技術的問題があり、マルチコアファイバの開発は進まなかった。

 今回NICTは、オプトクエストが開発した「既存の光ファイバ7本を7コアファイバに接続するための7コア同時空間結合装置」と、住友電工が開発した「コアからの信号漏れを大幅に低減した7コアファイバ」を利用し、毎秒109テラビット、16.8kmの伝送実験を行い、すべてのコアにおいて良好な通信品質を確認した。既存の光ファイバで予測されていた物理限界である毎秒100テラビット伝送をマルチコア化で突破し、世界記録を樹立したものとなる。なお本技術と他の光通信技術の組み合わせで、現在の1000倍以上の通信容量確保が可能となることが期待されるという。この実験結果は米国ロスアンゼルスで開催されている光ファイバ通信国際会議で論文発表されるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top