アイオー、東芝「レグザ」での番組録画に対応する大容量3TBの外付けHDD | RBB TODAY

アイオー、東芝「レグザ」での番組録画に対応する大容量3TBの外付けHDD

IT・デジタル 周辺機器

「HDCA-U」シリーズに3TBの大容量モデル登場
  • 「HDCA-U」シリーズに3TBの大容量モデル登場
  • 「HDCA-U」シリーズ横置き
  • 「HDCA-U」シリーズ背面
 アイ・オー・データは、USB接続型外付HDD「HDCA-U」シリーズに、3TBの大容量モデル「HDCA-U3.0W」(ホワイト)と「HDCA-U3.0K」(ブラック)を追加する。販売開始は3月下旬を予定しており、価格はいずれも27,720円。

 テレビ番組録画は東芝「レグザ」のみに対応。録画時間の目安は地上デジタル(HDレート)約17Mbpsで約360時間、BSデジタル・110度CS(HDレート)約24Mbpsで約261時間、標準(SDレート)約12Mbpsで約519時間となり、インターフェースはUSB2.0/1.1。本体サイズは幅39×高さ120×奥行き185mm、重さ約1.1kgで、横置き縦置きともに可能。

 対応OSはWindows 7とWindows Vista(以上ともに32/64ビット)、Windows XP、Mac OS X 10.5~10.6だが、サポートソフトはWindowsのみ対応する。Windows XPでの使用時はOSの仕様により3TBを認識できないため、同社提供のフォーマッタを用いたフォーマットが必要となる。また、起動用ドライブとしては使用できないとしている。
《》

関連ニュース

特集

page top