NTT東西とヤマハ、離れた場所でスタジオセッション可能な環境を提供開始 | RBB TODAY

NTT東西とヤマハ、離れた場所でスタジオセッション可能な環境を提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

本ソリューションの概要
  • 本ソリューションの概要
  • 本ソリューションの利用が想定されるシーン
  • デモ環境(スタジオ)
 NTT東日本、NTT西日本、およびヤマハの3社は3日、ネットワークを利用した新しい音楽スタイル事業において、協業することを発表した。第一弾として、NTT東西のNGN「フレッツ光ネクスト」「ひかり電話」と、ヤマハ「NETDUETTO」を活用した環境を構築する。

 このソリューションは、遠隔地のスタジオ同士などをネットでつないで、遅延なく演奏可能な環境を作り出すというもの。ヤマハの「NETDUETTO」(ネットデュエット)を活用した遠隔地間を繋ぐ技術と、NTT東西の「フレッツ光ネクスト」および「ひかり電話」の帯域確保および優先制御機能とを活用し、低遅延な演奏環境を実現した。まずは音楽リハーサルスタジオやカラオケ事業者向けに、「フレッツ光ネクスト」および「ひかり電話」と「NETDUETTO(NGN版)」・パソコン・オーディオインターフェイスを組み合わせた演奏環境ソリューションのコンサルティングの受付を4日より開始する。サービスは4月末より提供を開始する。

 なお4日より、協賛する音楽リハーサルスタジオ事業者(ノア/ワイドウインドウズ)のスタジオ内に本ソリューションのデモ環境を準備し、遠隔地間を繋いだ演奏やレコーディング等を体感可能とする。また3日から六本木ヒルズ(東京都港区)にて開催の「Y2×VOCALOID CAFE」にて、本ソリューションのデモンストレーションおよび展示を行う。今後NTT東西とヤマハは、ライブや音楽イベントでの活用、ゲームやカラオケ、クラウドサービスとの連携やSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)との連携、ネットワークの機能開発、一体型ハードウェア開発、さらには、個人だけでなく、さらに高度な音響機能を含めたプロユーザーへの展開も視野に入
れ、相互に開発・展開を図る予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top