ランサーリンク、Office/PDFファイルを直接読み込める小型レーザープロジェクター | RBB TODAY

ランサーリンク、Office/PDFファイルを直接読み込める小型レーザープロジェクター

 ランサーリンクは15日、Microsoft Office Word/Execl/PowerPoint 95~2007やAdobe PDF 1.2~1.7を直接読み込み投射できる小型レーザープロジェクター「L1v2ピコプロジェクター」を発表。18日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は56800円前後。

IT・デジタル 周辺機器
「L1v2ピコプロジェクター」
  • 「L1v2ピコプロジェクター」
  • リリースページ
 ランサーリンクは15日、Microsoft Office Word/Execl/PowerPoint 95~2007やAdobe PDF 1.2~1.7を直接読み込み投射できる小型レーザープロジェクター「L1v2ピコプロジェクター」を発表。18日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は56,800円前後。

 同製品は、本体サイズが幅53×高さ20×奥行き106mmという手のひらサイズで、重さが170gの軽量ボディとなる小型レーザープロジェクター。約90分の連続駆動が可能なバッテリを内蔵しており、モバイルでの利用に対応する。

 最新のRGBレーザー光源を採用しており、輝度20ルーメン/解像度800×600ピクセルコントラスト比2,000:1の基本性能を備えた。また、レーザーの特徴として手動によるピント合わせの手間が不要な常時自動焦点方式とし、発熱も低いためファンレス設計とした。

 メディアプレーヤーを内蔵し、ビデオコーデックはDivX/XviDのMPEG4、オーディオコーデックはWAV/AAC。対応解像度は最大720×576ピクセル、対応ファイルはMPEG/MPG/AVI/WMV/ASF。ただし、Windowsムービーメーカー等のWMVファイルはビデオコーデックが異なるため再生できない。

 Microsoft Office Word/Execl/PowerPoint 95~2007やAdobe PDF 1.2~1.7のファイルを直接読み込むことが可能で、USBフラッシュメモリの差しこみにも対応する。ほかにインターフェースはコンポジットとVGA入力。付属品はAVケーブルやACアダプタなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top