パナソニック、4倍速駆動の「LEDブラックパネル」を搭載した3Dビエラ | RBB TODAY

パナソニック、4倍速駆動の「LEDブラックパネル」を搭載した3Dビエラ

 パナソニックは3日、3D対応液晶テレビ「3D VIERA」の新製品として、「DT3シリーズ」を発表。3月11日に発売する。価格はオープン。

IT・デジタル テレビ
「DT3シリーズ」(37V型)
  • 「DT3シリーズ」(37V型)
  • 「DT3シリーズ」(32V型)
  • 同梱のリモコン
 パナソニックは3日、3D対応液晶テレビ「3D VIERA」の新製品として、「DT3シリーズ」を発表。3月11日に発売する。価格はオープン。

 ラインアップは37V型、32V型。予想実売価格は37V型が190,000円前後、32V型が170,000円前後。

 映像のホールド時間をさらに短縮することで、ぼやけの少ない映像を可能とした新IPSα液晶パネル「LEDブラックパネル」を採用。加えて、映像コマ数を通常の4倍となる240コマ/秒で表示する「クリアフォーカス4倍速」を実現し、動画解像度は1080本をクリア。これらにより、深みのある黒と二重像を抑えた鮮明な3D映像表示を可能とした。

 「インテリジェントコントラストAI」機能により、LEDバックライトを自動制御。500万:1相当のダイナミックコントラストを可能にし、黒が引き締まった映像を鑑賞できるとした。IPSαパネルは上下左右178度の広視野角となっている。

 1080/24p対応のHDMI端子を3系統備えるほか、超解像技術の採用により、低解像度映像に対して高解像度処理を行なう。また、「コントラストマネジメント」によって、コントラストを調整し、ハイビジョン映像の奥行き感を向上させるとした。

 2D→3D変換機能を搭載し、リモコンの3Dボタンにより視聴中の映像を擬似的に3D表示に切り替え可能。フロントスピーカーのみで仮想サラウンドを提供する「バーチャル3DサラウンドシステムII」も備えた。

 IPSαパネルと高効率LEDの採用により、高い省エネ性能を実現。同社独自の「エコナビ」も搭載し、テレビ本体が自動で節電を行なう。LANを備え、アクトビラ・ビデオフルやYouTubeなどにアクセスできるほか、ホームネットワークの「ビエラにリンク」も搭載。各機器間のリンク機能を可能としている。

 録画はSDカード/USB HDDに対応。標準モード、長時間モードの2つから選択できる。地上・BS・110度CSのデジタル3波チューナーを2基搭載し、裏番組録画にも対応した。インターフェースはHDMI×3/ミニD-sub15ピン/LAN/ビデオ入力/USB×3など。3Dグラスは別売り。
《小口》

関連ニュース

特集

page top