リコー、ユニット交換式カメラ「GXR」のライカMレンズ対応ユニットを今秋発売予定 | RBB TODAY

リコー、ユニット交換式カメラ「GXR」のライカMレンズ対応ユニットを今秋発売予定

IT・デジタル デジカメ

GXR単体正面
  • GXR単体正面
  • GXR単体背面
  • レンズ一体型カメラユニットをGXRのボディにスライドして着脱するイメージ
 リコーは、ユニット交換式デジタルカメラ「GXR」にライカMレンズ等を装着できるレンズマウントユニットの開発を発表。今年秋の発売を予定する。価格は未定。

 GXRは、レンズが一体となったカメラユニットを本体に交換/装着して使用するデジタルカメラ。レンズとカメラが別々でレンズのみを交換するレンズ交換式とは異なる。レンズとカメラが一体となったカメラユニットは、「GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO」「RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC」「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」「GR LENS A12 28mm F2.5」の4製品をラインアップしている。

 今回発表したのはカメラユニットではなく、カメラとレンズマウントが一体となったレンズマウントユニット。レンズは備えておらず、むしろ、レンズ交換式デジタルカメラ用のレンズを装着できる拡張ユニットとして位置づけられる。対応するのはライカMレンズ等となる。

 装着したレンズの光学性能を生かす設計となっており、撮像素子は、23.6×15.7mmでAPS-Cサイズ、総画素数約1,290万画素のCMOSセンサーを搭載。また、新開発のフォーカルプレーンシャッターを採用した。

 なお、2月9日~12日にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催される「CP+(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW)」において、今回発表のGXR用レンズマウントユニットのデザインモックを参考展示する予定。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top