ソニー、Blu-rayディスクから内蔵HDDへ録画番組を書き戻せる「ムーブバック機能」のファームウェアアップデート | RBB TODAY

ソニー、Blu-rayディスクから内蔵HDDへ録画番組を書き戻せる「ムーブバック機能」のファームウェアアップデート

IT・デジタル テレビ

2010年12月発売の「KDL-40HX80R」
  • 2010年12月発売の「KDL-40HX80R」
  • 2010年9月発売の「BDZ-AX2000」
 ソニーは、同社製Blu-rayディスクレコーダーや液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」向けに「ムーブバック機能」追加のソフトウェア更新を発表。これにより、Blu-rayディスクに録画したデジタル放送番組を内蔵HDDにムーブバック(書き戻し)できる。

 更新は地上デジタル放送/BSデジタル放送を使用した放送ダウンロードにて実施。Blu-rayディスクレコーダーは「BDZ-AX2000/BDZ-AX1000/BDZ-AT900/BDZ-AT700/BDZ-AT500/BDZ-AT300S」の6機種を対象とし、放送ダウンロードは4月をめどに実施予定。

 液晶テレビはBlu-ray搭載「KDL-HX80R/EX30Rシリーズ」で「KDL-40HX80R/KDL-46HX80R/KDL-55HX80R/KDL-26EX30R/KDL-32EX30R」の5機種を対象とし、放送ダウンロードは5月をめどに実施予定。具体的なダウンロード開始日等の詳細な情報は決定しだい、同社サイトの製品情報ページで公開を予定する。

 今回の発表で追加されるムーブバック機能は、Blu-rayディスクに保存した録画番組を、Blu-rayディスクレコーダーの内蔵HDDや、Blu-ray搭載液晶テレビの内蔵HDDに書き戻しできるもの。これにより、たとえば、複数のBlu-rayディスクに保存した連続ドラマをHDDに書き戻し、1枚のBlu-rayディスクにまとめ直すなど、利便性が高まるという。

 同機能に対応するBlu-rayディスクは、対象となる同社製Blu-rayディスクレコーダーやBlu-ray搭載液晶テレビで記録したBD-RE、またはBDクローズされていないBD-R。DVDは非対応。ムーブバックしたデジタル放送番組はBlu-rayディスク上から削除される。

 なお、対象製品は現行モデルで、ソニーストアでも取り扱っている。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top