富士フイルム、タッチ液晶搭載や単3形乾電池対応のデジカメ「FinePix」2モデル | RBB TODAY

富士フイルム、タッチ液晶搭載や単3形乾電池対応のデジカメ「FinePix」2モデル

IT・デジタル デジカメ

「Z90」の撮影画像再生イメージ
  • 「Z90」の撮影画像再生イメージ
  • 「Z90」の4色カラバリ
  • 「AX300」のレンズ部
  • 「AX300」の液晶部
 富士フイルムは25日、コンパクトデジタルカメラFinePix」の新製品として、タッチ液晶搭載で2画面再生が可能な「Z90」と、単3形乾電池駆動の「AX300」を発表。2月11日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は、Z90が20,000円前後、AX300が13,000円前後。

■タッチ液晶搭載「FinePix Z90」

 有効画素数1,420万画素で光学5倍ズームレンズを搭載。液晶ディスプレイは3型のタッチパネルを採用しており、液晶画面の被写体にタッチすることでピントを合わせてシャッターが切れる「タッチショット」機能を装備。ピント合わせからシャッターが切れるまで被写体を追い続ける「タッチ追尾」機能を新たに追加した。

 カメラの縦向き・横向きに合わせて液晶画面の表示を回転させる「タテヨコオート」機能を搭載。縦向きで撮影画像を再生する際、液晶表を上下2画面に分け、それぞれ独立して操作できる同社独自の「2画面サクサク再生」機能を備えた。

 ハイビジョン動画撮影に対応し、ワンタッチで動画撮影を開始する「動画撮影ボタン」や、撮影した動画を必要な部分のみ切り出す「動画カット」、複数回に分けて撮影した動画をつなげて1つの動画ファイルとして保存する「動画連結」など、多彩な動画加工機能を搭載。撮影動画をYouTubeやmixi、FACEBOOKなどのSNSサイトに簡単にアップロードできる「ウェブアップロード」機能を備えた。

 そのほかの特長として、シャッターボタンを押してカメラを横方向に動かし撮影した最大3枚の画像からパノラマ写真に合成する「ぐるっとパノラマ」機能を搭載。撮影画像をグルーピングすることで、電子フォトアルバムのようにカメラの液晶画面上で鑑賞することができる「電子フォトアルバム」(フォトブックアシスト)機能を装備する。

 撮像素子は1/2.3型正方画素CCD(原色フィルター採用)。焦点距離はf5~25mm(35mm判換算28~140mm相当)、F値はF3.9(ワイド)~F4.9(テレ)。撮影距離は標準約60cm~∞(広角)/約100cm~∞(望遠)、マクロ機能時約9cm~80cm(広角)/約40cm~80cm(望遠)。保存形式は静止画がJPEG、動画がAVI Motion JPEG、音声がWAVEモノラル。約38MBのフラッシュメモリを内蔵するほかSD/SDHC/SDXCカードに対応する。

 インターフェースはUSB2.0/PictBridgeなど。バッテリはリチウムイオン充電池。本体カラーはピンク/レッド/パープル/ブラックの4色をラインアップ。本体サイズは幅95.4×高さ56.9×奥行き20.1mm、重さは約150g(バッテリ/メモリカード含む)。付属品はストラップ/専用USBケーブルなど。

■単3形乾電池対応「FinePix AX300」

 有効画素数1,400万画素で光学5倍ズームレンズを搭載。本体サイズは幅93×高さ60.2×奥行き27.8mmで、最薄部は22.0mm(突起部含まず)のスリムボディ。重さは乾電池とメモリカードをを含む約168gの軽量モデルで、持ち運びが容易。バッテリは充電の手間がなく、旅先などで入手しやすい単3形乾電池×2を採用した。

 単3形乾電池対応モデルとして初めて、「電子フォトアルバム」(フォトブックアシスト)機能の搭載をうたう(同社調べ)。また、パノラマ写真の合成が可能な「ぐるっとパノラマ」機能や、シーンに合った撮影条件を瞬時に設定する自動シーン認識機能「シーンぴったりナビ」を備えた(シーンは「人物」「風景」「夜景」「マクロ」「逆光&人物」「夜景&人物」の計6種類)。

 撮像素子は1/2.3型正方画素CCD(原色フィルター採用)。焦点距離はf5.9~29.5mm(35mm判換算約33~165mm相当)、F値はF3.3(ワイド)~F5.9(テレ)。撮影距離は標準約45cm~∞(広角)/約80cm~∞(望遠)、マクロ機能時約10cm~80cm(広角)/約60cm~100cm(望遠)。保存形式は静止画がJPEG、動画がAVI Motion JPEG、音声がWAVE。記録メディアはSD/SDHCカード。

 2.7型液晶ディスプレイを搭載。インターフェースはUSB2.0/PictBridgeなど。本体カラーはシルバー。付属品は単3形乾電池×2/ストラップ/専用USBケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top