日本SGI、AMD Opteron搭載のHPC向けサーバ「Altix ICE 8400」を出荷開始 | RBB TODAY

日本SGI、AMD Opteron搭載のHPC向けサーバ「Altix ICE 8400」を出荷開始

エンタープライズ ハードウェア

SGI「Altix ICE 8400」前面
  • SGI「Altix ICE 8400」前面
  • SGI「Altix ICE 8400」前面(パネルをオープンした状態)
 日本SGIは24日、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)環境の大規模クラスタシステム向けブレード型サーバ「SGI Altix ICE 8400」とラックマウント型サーバ「Rackable Rackmount Servers」のAMD Opteronプロセッサ搭載モデルの出荷を開始した。

 「SGI Altix ICE 8400」は、キャビネットあたり最大1,536プロセッサーコアという最大構成をとることが可能。32ノードから最大65,536ノードまでの大規模クラスタシステムが構築できる。キャビネットあたりの計算能力は14.1テラフロップスで、同じく最大メモリ容量8.1テラバイトと大規模メモリを構成することが可能。「Rackable Rackmount Servers」においては、新たに「Rackable Standard-DepthServers」の2モデルと「Rackable Four-Way Servers」 の1モデルにAMD Opteron 6100シリーズを搭載し、ラインアップを強化した。

 また同時に、SGIシステム向けのシステム管理ソフトウェアとパフォーマンスツールをリニューアルし、新たに「SGI Management Suite」および「SGI PerformanceSuite」として提供を開始する。「SGI Management Suite」は、SGI製品で構成されたシステム全体の一元管理と制御、パフォーマンスの最適化を行う製品。従来はサーバ製品ごとに個別のシステム管理ソフトウェアが必要だったが、本製品は「SGI Altix UV」などの大規模共有メモリシステムから「SGI Altix ICE 8400」を使った数千台のサーバで構成されるクラスタシステムまでを統合管理することが可能。また、「SGI Performance Suite」は、従来の「SGI ProPack 7」の後継製品で、SGIサーバ製品の性能を最大限に引き出すためのライブラリやツールにて構成されるパフォーマンスツール。CPUとメモリのリソース管理などによってアプリケーションの高速化を行う「SGI Accelerate」、SGIシステム上でのMPIアプリケーションの実行を高速化する「SGI MPI」、標準Linuxディストリビューション環境でハードリアルタイム処理を実現する「SGI REACT」、SGIが提供するUnified Parallel C(UPC) コンパイラである「SGI UPC」の4つのコンポーネントで構成される。

 価格は「SGI Altix ICE 8400」が19,221,000円 (税抜、構成:AMD Opteron 6100シリーズ2.1GHz 12MB L3、384コア、256GBメモリ、SUSE Linux Enterprise Server 11、SGI Performance Suite 1、SGI Management Center Premium Edition、42Uキャビネット) 。「Rackable Standard-Depth ServersモデルC2108-G8」が705,000円(構成:AMD Opteron 6100シリーズ1.9GHz 12MB L3、24コア、16GBメモリ、OSは含まず)。「Rackable Four-Way ServersモデルH2106-G7」が1,241,000円(構成:AMD Opteron 6100シリーズ1.9GHz 12MB L3、48コア、32GBメモリ、OSは含まず)など。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top