シャープ、Blu-ray 3Dと大容量BDXLに対応した「AQUOSブルーレイ」 | RBB TODAY

シャープ、Blu-ray 3Dと大容量BDXLに対応した「AQUOSブルーレイ」

IT・デジタル レコーダー

「BD-HDS63」
  • 「BD-HDS63」
  • Blu-ray 3Dに対応
  • 3層100GBのBDXLならDRモードで約12時間録画可能
  • 「スカパー!HD録画」にも対応する
 シャープは14日、Blu-rayディスクレコーダー「AQUOSブルーレイ」の新製品として「BD-HDS63」を発表。2月15日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は75,000円前後。

 同製品は、Blu-ray 3Dの再生と、大容量規格BDXLに対応したBlu-rayディスクレコーダーのエントリーモデル。内蔵HDDは320GB。

 3D対応テレビに接続して3Dコンテンツを楽しめるほか、100GB/128GBのBDXLディスクに膨大な映像データを記録可能。3層100GBのディスクの場合、放送そのままの画質の「DRモード」で約12時間のハイビジョン録画が行なえる。搭載チューナーは地上・BS・110度CS×1、地上アナログ×1。

 また、「スカパー!HD録画」のハイビジョン録画にも対応。本体での1番組録画との組み合わせにより、シングルチューナーモデルでの2番組同時録画を可能とした。2番組同時録画中のBD再生や高速ダビングにも対応する(録画中のBlu-ray 3D再生は2D映像となる)。

 そのほか、100BASE-TX/10BASE-TのLAN端子を備え、「アクトビラ ビデオ・フル」や「TSUTAYA TV」といった動画配信サービスの視聴が可能。「新トランスコーダー」の採用により、フルHD画質で最長約10倍の長時間モード録画が行なえる。本体サイズは幅430×高さ67×奥行き299mm、重さは約4.1kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top