コーエーテクモ、モバゲープラットフォームにスマートフォン版ゲームを提供 | RBB TODAY

コーエーテクモ、モバゲープラットフォームにスマートフォン版ゲームを提供

ブロードバンド その他
2011年1月展開予定の「100万人のモンスターファーム」
  • 2011年1月展開予定の「100万人のモンスターファーム」
  • 「のぶニャがの野望」。2011年1月より「Yahoo!モバゲー」にてベータ版が開始される
 コーエーテクモゲームスは15日、モバゲーオープンプラットフォームに、スマートフォン版3タイトルのソーシャルゲームを提供すると発表した。

 今回対応が発表されたゲームは、現在モバゲータウン」で展開中の「100万人の信長の野望」や、2011年1月展開予定の新作「100万人のモンスターファーム」、来春開始予定である「のぶニャがの野望」の3タイトル。

 モバゲータウンで展開中の「100万人の信長の野望」は、全国84ヵ所の城を合戦により奪い合い、自分が所属する大名家によって天下統一することが目的のソーシャル・シミュレーションゲーム。モバゲータウンへの無料会員登録を行うことで、基本プレイ料金無料、アイテム課金制にてプレイすることができる。11月には登録ユーザー数が100万人を突破していた。

 「100万人のモンスターファーム」は、「モンスターファーム」シリーズのソーシャルゲーム版として、「モバゲータウン」の他のユーザーとモンスターを対戦させるなど、ゲームを通して100万人規模のユーザーが交流することができるという。

 「のぶニャがの野望」は、メインキャラクターとして“ねこ”が登場する、戦国時代を舞台としたオンラインソーシャルゲーム。同ゲームではクライアントプログラムをインストールする必要はなく、ブラウザ上でプレイできる。2011年1月より「Yahoo!モバゲー」にてベータ版が開始される。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top