DeNA、スマートフォン版「モバゲータウン」提供開始……全世界に向けスマートフォンの展開を推進 | RBB TODAY

DeNA、スマートフォン版「モバゲータウン」提供開始……全世界に向けスマートフォンの展開を推進

エンタープライズ モバイルBIZ
ディー・エヌ・エーの事業展開戦略
  • ディー・エヌ・エーの事業展開戦略
  • モバゲータウン for Smartphone 画面
 ディー・エヌ・エー(DeNA)は15日、全世界に向けたスマートフォンの展開を開始した。同日より、日本国内での展開として、「モバゲータウンfor Smartphone(mbga.jp)」のブラウザ提供も開始した。

 「モバゲータウンfor Smartphone」は、iPhoneおよびAndroid搭載端末に対応したスマートフォン向けゲームプラットフォーム。携帯版モバゲータウンとIDを連携させ、携帯版同様にアバターや日記、サークルなどのコミュニティ機能やDeNAが開発・運営しているソーシャルゲーム「怪盗ロワイヤル」などを楽しむことができる。2011年4月からは、モバゲータウンのiPhoneおよびAndroid用アプリケーションの提供を開始する予定。

 またDeNAの子会社であるngmoco, LLCが有するゲームコミュニティプラットフォーム「plus+ Network(登録ユーザー数1,750万人以上、他社開発を含む提供ゲーム数178タイトル)」の名称を変更し、海外統一ブランド「mobage」としてサービスを開始する。

 さらにゲームデベロッパーが「モバゲータウンfor Smartphone」と「mobage」でゲームを公開する際に、一度の開発でiOSとAndroidの双方でゲームを展開することが可能なゲーム開発エンジン「ngCore」を提供する。「ngCore」で開発することにより、国内の「モバゲータウンfor Smartphone」と海外の「mobage」でゲームの世界展開をすることが容易となる見込み。現在810本以上あるモバゲーオープンプラットフォーム上のゲームには、2011年3月よりスマートフォン対応プログラムが提供される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top