大日本印刷とNTTドコモ、紙+電子書籍の“ハイブリッド型総合書店”の共同事業をスタート | RBB TODAY

大日本印刷とNTTドコモ、紙+電子書籍の“ハイブリッド型総合書店”の共同事業をスタート

エンタープライズ モバイルBIZ

 大日本印刷(DNP)、NTTドコモ、DNPの子会社であるCHIグループの3社は7日、紙と電子の書籍を販売する新しいタイプのハイブリッド型総合書店を運営することを目指して、共同事業会社「トゥ・ディファクト」を設立することで合意した。

 共同事業会社「トゥ・ディファクト(2Dfacto,Inc.)」は、今年8月に、DNPとドコモが締結した電子出版ビジネスにおける業務提携に向けての基本合意を具体化したものとなる。この共同事業会社の設立により、紙の書籍と電子出版コンテンツのハイブリッド型サービスの普及を促進するとのこと。会社設立は12月21日(予定)で、出資金は9億8000万円(資本金:4億9000万円、資本準備金:4億9000万円)。出資比率はDNP51%、ドコモ40%、CHI9%となる。

 「トゥ・ディファクト」の主な事業としては、インターネットを使用した紙と電子の書籍販売を行うハイブリッド型総合書店の運営、ドコモのスマートフォンやタブレット型端末などの多様な端末に対応したオープンなハイブリッド出版配信プラットホームの構築と運営、 電子書籍や紙の書籍を販売するオンライン書店とリアル書店を連動させたマーケティング、プロモーションなどのサービスの提供などが上げられている。

 今後、新会社は、ドコモが持つ情報配信システムや決済システムとDNPのハイブリッド型総合書店『honto(ホント)』をベースとして、ドコモのスマートフォン、タブレット型端末、ブックリーダーに対して、2011年1月上旬から電子書籍の販売を開始する予定。大手出版社をはじめとする約200社から約10万点をめどにコンテンツの拡充を図る。サービス開始当初は、ドコモのスマートフォンなど7機種(Xperia、GALAXY S、GALAXY Tab、LYNX 3D、REGZA Phone、Optimus chat、SH-07C)のマルチデバイスに対応していく予定。

 さらに新会社は、2011年中には、電子書籍の販売サイトと、CHIのオンライン書店「ビーケーワン(bk1)」とシステム統合等の方法を検討することにより、1つのサイトで電子と紙の書籍購入を可能とするサービスの実現を目指す。DNPグループのリアル書店(CHIの丸善、ジュンク堂・文教堂)とも連携をはかり、「電子書籍の販売」「オンライン書店」「リアル書店」を連携させたサービスの提供を目指す。なお、DNPでは、今後速やかに『honto』利用ユーザーに対して、新会社への移行勧奨を行っていくとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top