約3割が「リビングや寝室のカーテンにカビ」の経験あり | RBB TODAY

約3割が「リビングや寝室のカーテンにカビ」の経験あり

エンタメ 調査
実際の写真
  • 実際の写真
  • リビングや寝室のカビの実態
 そろそろ結露が気になる季節となったが、この時期に注意したいのがカビである。花王は、同社のファブリック&ホームケア研究センターと生活者研究センターが実施した調査結果を発表した。同社は除菌消臭スプレー「リセッシュ除菌EX」を販売しているが、今回の調査はリビング・寝室などの居住空間を中心に消費者の意識実態や発生しているカビの種類を調べたもので、首都圏在住の主婦213名を対象に行った。

 それによると、リビングや寝室のカーテンにカビが生えたことがある家庭は、全体の3割を超えていた。「カビが気になったことがある場所」としては約4割が窓まわり、約3割が壁・カーテン・押入れと回答。「実際にカビが生えたことがある場所」で最も多かったのがカーテンだった。また調査の時点でカビの生えた経験のあるほとんどの家庭で「現在もカーテンにカビが生えている」と回答し、カビの生えたカーテンはリビング、または寝室に多く設置されていた。なんと、約7割の家庭でカーテンは半年以上洗濯されておらず、リビングや寝室の窓では結露が頻繁に発生していた。

 同社ではカーテンは、カビの栄養(汚れ)および水分(窓の結露)が豊富にあり、カビの生えやすい環境であると推測。特に、室内と室外の気温差があったり、加湿器を使ったり、鍋物をしたりすることの多い冬場は、窓に結露が発生しやすく、よりカビの生えやすい環境にあると考えられるとしている。

 このカビの正体は、屋内空気中やハウスダストにも多く存在しているクロカビで、乾燥および日光への耐性も比較的高く、いったん生えてしまうと、通常の洗濯などではその色素を完全に除去することは難しく、日ごろからカビが生えないように気をつけることが大切としている。なお、除菌スプレーは、こうしたカビ対策としても手軽に使われることがあり、同社でも「リセッシュ除菌EX」のカビ抑制効果を確認したとしているが、継続使用が重要としている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top