ソニー、法人向けコンテンツ配信システム「“OPSIGATE”デリバリー」発表 | RBB TODAY

ソニー、法人向けコンテンツ配信システム「“OPSIGATE”デリバリー」発表

 ソニーは11日、映像などのコンテンツをパソコンや「アクトビラ」対応のテレビ、モバイル端末などへ大規模かつ効率的に配信するシステム「“OPSIGATE”(オプシゲート)デリバリー」を発表した。2011年1月より販売を開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
“OPSIGATE”の全体像
  • “OPSIGATE”の全体像
  • さまざまな視聴機器に対しコンテンツ配信を実現
  • 配信エッジユニットを使った効率的な配信方法により大規模・多拠点配信が可能
  • “コンテンツマネージャー”画面
 ソニーは11日、映像などのコンテンツをパソコンや「アクトビラ」対応のテレビ、モバイル端末などへ大規模かつ効率的に配信するシステム「“OPSIGATE”(オプシゲート)デリバリー」を発表した。2011年1月より販売を開始する。

 “OPSIGATE”は、映像や各種ファイルの取り込み、コンテンツの管理、メタデータによる簡単検索、IPネットワーク経由でのコンテンツの視聴、ダウンロードなどの機能をトータルサポートするコンテンツ管理配信システムとして2009年から発売されている製品。

 今回発売される「“OPSIGATE”デリバリー」は、既発売の“OPSIGATE”マネジメントと組み合わせることで、システム上で管理されたコンテンツをさまざまな視聴機器へ配信可能にする。パソコンへの配信に限らず、「アクトビラ」対応のテレビやモバイル端末など、さまざまな視聴機器へのコンテンツ配信を実現する。また、追加で 配信エッジユニットを組み合わせることで大規模・多拠点への配信をより効率的なものにするとのこと。

 これにより、これまで行っていたDVDやVHSを制作するコストや配送コスト、衛星を利用した場合の通信コストを削減できる他、ユーザー管理/アクセス管理によるセキュリティーの強化、テープ等の保管に要していたスペースの削減などが図られる。さらに、ネットワーク経由で新鮮かつ効果的な情報共有が可能となる。

 一般的にコンテンツ配信を行う際には、それぞれの視聴機器に対応した形式への「ファイル変換」や「公開期間や配信範囲の管理」など複雑な作業が必要となる。一方、“OPSIGATE”は、コンテンツの配信指示やデータ転送などを、単一のWeb画面からシンプルな操作で行える。これにより、複数のソフトウェアを操作するなどの煩雑な作業や、時間や環境の制限を気にする必要がなく、自動で各視聴機器のポータルサイトにコンテンツのアップロードが可能だ。Webポータルサイト運営に関する専門的な知識も必要なく、作業工数も削減できるため、ローコストオペレーションを実現できるという。

 なお、本システムの新機能である「アクトビラ」対応のテレビへのコンテンツ配信は、富士通との協業により実現しているとのこと。「アクトビラ ビデオ・フル」対応デジタルテレビへの映像コンテンツ配信を実現する、富士通製「FutureyeII Live On Demand Server」と「“OPSIGATE”デリバリー」をシームレスに機能連携させるためのモジュールを開発した。

 コンテンツ配信システム“OPSIGATE”デリバリーであれば、パソコンへの配信(タッチパネル端末への配信も含む)だけではなく、「アクトビラ」対応のテレビやモバイル端末など、さまざまな視聴機器へのオンデマンド配信が可能だ。「アクトビラ」対応テレビへのコンテンツ配信は、富士通との協業により、「アクトビラ ビデオ・フル」対応デジタルテレビへの映像コンテンツ配信を実現する、富士通製「FutureyeII Live On Demand Server」と「“OPSIGATE”デリバリー」のシームレスな機能連携により実現している。また、さまざまな視聴スタイルに合わせたコンテンツ配信を行うためには、それぞれの視聴機器に適したファイル変換や配信スケジュール設定、配信機器設定など複雑な設定が必要となる。“OPSIGATE”はコンテンツの配信指示、ポータル画面の更新などをシームレスなワークフローで実現する。管理者は、コンテンツ管理用のWEB画面からシンプルな操作だけで配信指示を実行できる。配信指示画面にて、公開期間の設定、対象となる視聴機器、配信先などを登録すると、コンテンツは自動で対応ファイル形式に変換され、メタデータとともにポータルサイトにアップロードされる。管理者は、WEBポータルサイトに関する専門知識を必要とせず、シンプルなオペレーションが実現できる。さらに、“OPSIGATE”は拠点に配信エッジユニット(別売)を追加することで、配信センターサーバへのネットワークの負荷をコントロールし、効率的な配信を実現し、大規模配信または多拠点配信が可能となった。この配信エッジユニットには、データ転送の中継、中継したデータの蓄積、公開日前の事前登録、転送時の途中再開などの多様な機能が実装されているとのこと。

 “OPSIGATE”管理配信パッケージ(「“OPSIGATE”マネジメント」+「“OPSIGATE”デリバリー」のセット)では、パソコン約500台、「アクトビラ」対応のテレビ20台までの一斉オンデマンド配信が可能だ。この基本パッケージの市場推定価格は約1,300万円からと、大規模配信システムとしては比較的安価にシステムを構築できる。また配信エッジユニットを追加していくことで、スケール拡張(パソコンや「アクトビラ」対応テレビの配信台数を増加させる)にも柔軟に対応できるという。また、小規模配信から大規模配信まで、また、ライブ配信や専用ポータルの開発など、配信の方法や規模、状況によりお客様の要望に合わせたインテグレーション・カスタマイズ開発を提供することも可能だ。ソニーは、情報共有ネットワークを強化していく企業や教育機関、制作会社などを中心に、コンテンツの一元管理から多拠点配信、マルチデバイス視聴を実現するプラットフォームとして本システムを提案していくとしている。

 なお、11月17日から千葉市・幕張メッセで開催される「2010年国際放送機器展(Inter BEE 2010)」において“OPSIGATE”デリバリーが参考出展される。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top