ソニー、薄型ノート「VAIO Yシリーズ」にCore i3搭載の11.6型を追加 | RBB TODAY

ソニー、薄型ノート「VAIO Yシリーズ」にCore i3搭載の11.6型を追加

 ソニーは10日、薄型モバイルの「VAIO Yシリーズ」に小型の11.6型「VPCYA19FJ/B」を追加。27日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は110000円前後。

IT・デジタル ノートPC
小型の11.6型「VPCYA19FJ/B」
  • 小型の11.6型「VPCYA19FJ/B」
  • 13.3型との比較
  • 13.3型との比較
 ソニーは10日、薄型モバイルの「VAIO Yシリーズ」に小型の11.6型「VPCYA19FJ/B」を追加。27日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は110,000円前後。

 「VAIO Yシリーズ」は、これまで13.3型モデルで展開してきたが、今回の追加で2ラインアップとなる。CPUには超低電圧版のCore i3-380UM(1.33GHz)を採用し、液晶解像度は1,366×768ピクセル。付属バッテリで約6時間、別売りのLバッテリで約11.5時間と長時間駆動に対応するのがポイントだ。

 デザインは、天板・パームレストともにブラックで統一し、キーボードには独立型を装備した。また、キーボード上の「ASSIST(アシスト)」ボタンを押すだけで、PCのトラブル予防と解決をサポートするソフト「VAIO Care(バイオ・ケア)」が起動。システムの状況を一覧で知ることができるとした。

 そのほかのおもな仕様はOSがWindows 7 Home Premium(64ビット版)、メモリが2GB(最大8GB)、HDDが320GB、無線LANがIEEE802.11b/g/n、インターフェースがUSB2.0×3/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/メモリーカードスロットなど。そのほかBluetooth 2.1 + EDR、31万画素webカメラなどを搭載した。本体サイズは幅290×高さ25~31.5×奥行き202.8mm、バッテリ装着時の重さは約1.46kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top