NAVER、場所・時間でつながるリアルタイム指向のSNS「NAVER cafe」開始 | RBB TODAY

NAVER、場所・時間でつながるリアルタイム指向のSNS「NAVER cafe」開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

カフェ内投稿画像一覧ビュー
  • カフェ内投稿画像一覧ビュー
  • 「NAVER cafe」トップ画面
  • カフェ(コミュニティ)トップ画面
  • イベント機能
 インターネット検索サービス「NAVER」を運営するネイバージャパンは5日、時間や場所・趣味関心でつながるリアルタイムSNS「NAVER cafe」を開始した。

 「NAVER cafe」は、グルメ・旅行・ファッションなど、特定のテーマに関する「カフェ」(コミュニティ)を開設・参加することにより、共通の興味関心・場所・時間・イベントなど、“つながり”を持つメンバー同士で集まって話をしたり、テキスト(117文字まで)、画像や文書、地図(位置情報)などを共有できる。また、集まる時間を指定してメンバーに通知する「イベント機能」を利用することにより、同じテレビ番組やスポーツを観ながら、チャット感覚でコミュニケーションを楽しむことが可能。

 さらに、家族や親しい友人などに限定してコミュニケーションを取りたい場合は「非公開cafe」を作成することも可能。「非公開cafe」独自機能として、WordやExcelなどの「ファイル共有機能」を搭載しており、セミナー・勉強会の参加メンバー同士で資料を共有するといった利用方法にも対応したという。

 なお、近日中にモバイル、iPhoneアプリも対応予定。GPSによる現在地情報を利用して、周辺の施設や飲食店に関するcafeをプッシュ通知する新機能の導入も検討している。

 同社では、マイクロブログ「pick」の姉妹サービスと位置付けており、日記での交流を中心とした従来SNSとの差別化を図っている。利用にはNAVERアカウントが必要。登録は無料で、招待などがなくても誰でも利用可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top