NAVERサービスに不正アクセス……約169万件のID情報が流出した可能性 | RBB TODAY

NAVERサービスに不正アクセス……約169万件のID情報が流出した可能性

ブロードバンド セキュリティ

「NAVERまとめ」にログインしようとしたときの通知(19日20時現在)
  • 「NAVERまとめ」にログインしようとしたときの通知(19日20時現在)
  • 「Nドライブ」トップページ(19日20時現在)
 LINEは19日、外部からの不正アクセスにより、同社が運営するNAVERサービス(NAVERまとめ、Nドライブ、NAVER Photo Album、pick、cafe)の会員情報が流出した可能性があることを発表した。

 7月18日10時09分に、NAVERアカウントのデータベースを管理しているサーバーに不正アクセスの可能性があることをシステム担当者が発見した。調査を開始したところ、不正アクセスの痕跡を発見したため同日10時57分に不正アクセスを遮断。その後、サーバー内に生成された不正ファイルを発見した。

 不正アクセスのあった期間は、7月17日20時51分~18日10時57分と見られ、日本で提供しているNAVERサービスを利用するためのNAVERアカウント169万2,496件に、情報流出の可能性があるという。

 流出した可能性があるのはEメールアドレス、ハッシュ化されたパスワード、アカウント名(ニックネーム)となる。7月19日16時時点で、本件に関わる問い合わせ、および不正ログインによるアクセス、および個人情報や保存されたコンテンツ等の改ざんは確認されていない。

 現在、対象サービスをメンテナンスモードに切り替え、全アカウントのログインを遮断、一部サービスを停止している。また、同社が運営するLINE、livedoorサービスとは無関係で、LINEの会員情報・トーク履歴・アドレス帳の情報などには一切影響はないとのこと。

 今後は、新しいパスワードの設定機能を設置し、流出した可能性のユーザーに対してパスワード再設定を依頼するとともに、監視体制の強化および再発防止に取り組む予定としている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top