レノボ、「VISIONプラットフォーム」採用の11.6型液晶ネットブック | RBB TODAY

レノボ、「VISIONプラットフォーム」採用の11.6型液晶ネットブック

IT・デジタル ノートPC
「IdeaPad U165」
  • 「IdeaPad U165」
  • キーボード
  • ディスプレイのオープン時
 レノボ・ジャパンは、ネットブック「IdeaPadシリーズ」の新製品として、webコンテンツや写真などをより鮮やかに映し出す「VISIONプラットフォーム」採用の11.6型液晶「IdeaPad U165」を発表。10月22日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は、「Office Home and Business 2010」搭載「09155BJ」が74,000円前後、同非搭載「091558J」が54,000円前後。

 同製品は、LEDバックライト付き11.6型液晶(解像度1,366×768ピクセル/16:9/光沢)搭載で、本体サイズが幅290×高さ25.3×奥行き193mm、重さが1.3kgのネットブック。片手でディスプレイを開けられるラッチレス構造を採用。ワイヤレスはIEEE802.11b/g/nの無線LANとBluetooth2.1+EDRに対応し、バッテリの連続駆動時間は約4.38時間となる。

 インターネットの閲覧や簡単な写真の加工、音楽やオンライン上でのビデオの視聴などに適したAMDのVISIONプラットフォームを採用。CPUはデュアルコアのAthlon II Neo K325(1.3GHz)、ビデオチップのRadeon HD4200を内蔵したRS880M+SB820Mチップセットを搭載し、メモリは2GB(最大4GB)、HDDは250GBとした。

 振動センサーを内蔵した「アクティブ・プロテクション・システム(APS)」を採用しており、センサーが落下や衝撃を感知するとHDDの書き込み/読み込み動作をストップし、ディスクヘッドを0.5秒以内に退避させてデータを保護。また、顔認識テクノロジー「VeriFace」を装備し、内蔵の30万画素webカメラで登録ユーザーの顔を認識することで不正なログインを防止。ほかに、PCの所有者に動画メッセージを残すこともできる。

 おもな仕様として、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tの有線LANを搭載し、インターフェースはHDMI/USB2.0×3(うち1つはeSATA共用)/ミニD-sub15ピン/5-in-1カードリーダー/マイク/ヘッドホンなど。本体カラーはダークパープル。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top