日本HP、ひと足早くiPad対応無線プリンターを発表! | RBB TODAY

日本HP、ひと足早くiPad対応無線プリンターを発表!

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は27日、高さ約10cmのスリムな新ブランド「HP ENVY(エンヴィ)シリーズ」など、PC不要でweb接続が可能なA4プリンターの2010年秋モデルを3製品発表。価格はオープン。

IT・デジタル 周辺機器
「HP Photosmart Premium C310c」
  • 「HP Photosmart Premium C310c」
  • 「HP Photosmart Plus B210a」
  • 「HP ENVY100」
  • 出先でスマートフォンで撮影した写真(左)をスマートフォンからプリンターへメール送信し(中)プリントする(右)イメージ
 日本ヒューレット・パッカード(HP)は27日、高さ約10cmのスリムな新ブランド「HP ENVY(エンヴィ)シリーズ」など、PC不要でweb接続が可能なA4プリンターの2010年秋モデルを3製品発表。価格はオープン。

 3製品のラインアップと発売日、同社直販サイト価格は次のとおり。web接続機能を強化したプレミアムモデル「HP Photosmart Premium C310c」は10月下旬からの発売で27,930円。3.45型タッチディスプレイを搭載したスタンダードモデル「HP Photosmart Plus B210a」は9月30日からの発売で19,950円。HP ENVYシリーズの第1弾で約10cmの薄型ボディとした「HP ENVY100」は11月中旬からの発売で29,820円。

■写真プリント機能を追加、11月からはiPadの無線プリントにも対応予定

 同社は8月、無線LANを搭載し、メールによってモバイルPCやスマートフォンなどからの印刷が可能なほか、PCレスでwebコンテンツを印刷できるソリューションに対応したプリンター「HP Photosmart Wireless B110a」を発売。今回は同様のweb機能を搭載した2010年秋モデルで、同ソリューションに対応したプリンターは全4製品のラインアップとなる。

 4製品に共通の特長として、プリンターにメールを送信することにより印刷を可能とする「メールdeプリント(ワールドワイドの呼称はHP ePrint)」に対応。これまでの印刷対応フォーマットに加え、JPEG、BMP、PNG、GIFの画像フォーマットに新たに対応し、写真プリントも可能となった。また、11月からアップルが無償配布予定の「iOS 4.2」を搭載したiPhone 4/iPhone 3GS、iPad、iPod touchに対応するのも特長の1つだ。

 さらに、B210aは従来機のB110aと同様、「ライト アプリ」に対応。C310cとENVY100は、割引クーポンや地図がプリントできる「ぐるなび レストラン検索」(提供:ぐるなび)、宿泊施設の情報や地図を含む宿泊プランが簡単にプリントできる「じゃらんnet 宿泊プラン検索」(提供:リクルート)、年賀状デザインの選択と、挨拶文や宛名の編集・印刷が可能な「筆まめonline 年賀状印刷」(提供:クレオ)など、よりカスタマイズしたコンテンツがプリント可能な「プレミア アプリ」にも対応する(一部コンテンツは10月後半より順次提供予定)。

 新たな3製品ではタッチディスプレイによる操作性を向上し、ボタン類は電源ボタン1つのみのシンプル操作とした。ワンクリックで同社のオンラインフォトサービス「Snapfish」にも直接接続することも可能。さらにC310cとENVY100は、ディスプレイ上で指を滑らせることで写真の移動や画面スクロールが行なえるフリック操作にも対応する。

 そのほかの特長とおもな仕様として、C310cは4.3型カラータッチディスプレイと、5色独立インクシステム(解像度最高9,600dp/滴量1.3pl)、自動両面印刷機能を搭載する「HP Photosmartシリーズ」の最上位モデル。印刷スピードはモノクロ最速33枚/分、カラー最速32枚/分。コピー/スキャナー機能を搭載し、スキャナー機能は解像度1,200×2,400dpiの48bitカラーCISスキャナー。SD/MS Duo/MMC対応カードスロットを装備し、カードからのダイレクトプリントに対応。無線LANはIEEE802.11b/g/n。本体サイズは幅455×高さ199×奥行き473mm、重さは7.7kg。

 B210aは3.45型カラータッチディスプレイと、4色独立インクシステム(解像度最高4,800dp/滴量1.3pl)を搭載するスタンダードモデル。印刷スピードはモノクロ最速32枚/分、カラー最速30枚/分。コピー/スキャナー機能を搭載し、スキャナー機能は解像度1,200×1,200dpiの24bitカラーCISスキャナー。SD/MS Duo/MMC対応カードスロットを装備し、カードからのダイレクトプリントに対応。無線LANはIEEE802.11b/g/n。本体サイズは幅452×高さ199×奥行き401mm、重さは7.45kg。

 ENVY100は3.45型カラータッチディスプレイと、インクヘッド一体型4色インクシステム(解像度最高4,800dp/滴量1.3pl)を搭載。ガラス製でメタリックな質感のスキャナーカバーと、タッチディスプレイが一体化したフロントパネルを採用し、フロントパネルは印刷時のみ自動的に開く仕組み。高さ約10cmのスリムな筐体で、突起部のない内蔵自動両面印刷機能や、電源部を本体に内蔵したACアダプタなど、省スペース性を高めたフラットデザインとなっている。

 印刷スピードはモノクロ最速30枚/分、カラー最速25枚/分。コピー/スキャナー機能を搭載し、スキャナー機能は解像度1,200×1,200dpiの24bitカラーCISスキャナー。SD/MS Duo/MMC対応カードスロットを装備し、カードからのダイレクトプリントに対応。無線LANはIEEE802.11b/g/n。本体サイズは幅427×高さ102×奥行き336mm、重さは7.3kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top