マウス、Android2.2搭載の10V型タブレット……愛称は「ラブパッド」 | RBB TODAY

マウス、Android2.2搭載の10V型タブレット……愛称は「ラブパッド」

 マウスコンピューターは10日、タブレットの新ブランド「LuvPad(ラブパッド)」を発表。最初のモデルとして、Android2.2搭載でNVIDIAのTegra 250プロセッサを採用した10型マルチタッチタブレット「LuvPad AD100」を9月末から発売する。価格は39800円。

IT・デジタル スマートフォン
「LuvPad AD100」のタッチ操作のイメージ
  • 「LuvPad AD100」のタッチ操作のイメージ
  • 解像度1,024×600ピクセルのハイビジョン液晶
  • 重さ約760gの片手で持てるボディ
 マウスコンピューターは10日、タブレットの新ブランド「LuvPad(ラブパッド)」を発表。最初のモデルとして、Android2.2搭載でNVIDIAのTegra 250プロセッサを採用した10型マルチタッチタブレット「LuvPad AD100」を9月末から発売する。価格は39,800円。

 同製品は、OSにAndroid2.2を搭載。同バージョンではFlash対応、パフォーマンスの高速化などがうたわれている。

 プロセッサには、省電力ながらグラフィック性能が高いとされるNVIDIA Tegra 250を採用。OS起動用に512MB、ストレージに8GBのフラッシュメモリを内蔵する。そのほか、IEEE802.11b/gの無線LANを搭載した。液晶解像度は1,024×600ピクセルのワイド画面で、ハイビジョン映像の再生をはじめ、静止画や音楽ファイルの再生、ゲーム、webブラウジングを楽しめる。

 インターフェースはUSB2.0/ヘッドフォンジャック/microSDカードスロットなど。フリック入力やソフトウェアキーボードに対応した日本語IME「Simeji」をプリインストールする。重さは約760g。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top