毎月約22万5,000テラバイト!モバイル・データ量は音声の10倍の速さで増加 | RBB TODAY

毎月約22万5,000テラバイト!モバイル・データ量は音声の10倍の速さで増加

エンタープライズ モバイルBIZ

リリース
  • リリース
  • ホーカン・エリクソン (Hakan Eriksson)氏
 モバイル・ブロードバンドが、トラヒックの占有率を急激に伸ばしている。日本エリクソンは13日、世界各国で行なった実トラヒック測定の結果を発表した。

 それによると、モバイル・データ量は昨年1年で音声の10倍のペースで増加し、ほぼ3倍に成長したという。初めて音声を上回ったのが2009年12月だが、その後飛躍的に続伸している。エリクソンの調査によると、2010年第2四半期時点の全世界のモバイル・データ・トラヒック量は、毎月約22万5,000テラバイトに達しているという。

 エリクソン上席副社長兼CTOでエリクソン・シリコンバレー事業所長ホーカン・エリクソン(Hakan Eriksson)氏は、「モバイル・ブロードバンドのビジネス・モデルは、サービス品質の優位性によって収益性を改善し、競争の差別化を図るモデルに変化しつつある。急激なトラヒック増加に対処するには、事業者がエンド・ツー・エンドのコンバージドIPネットワークに注力しつつ、コストを抑制し、ユーザー体感を改善することが不可欠」とコメントしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top