ピクセラ、デジカメ写真の撮影場所をGoogle Earthで確認できるGPSロガー | RBB TODAY

ピクセラ、デジカメ写真の撮影場所をGoogle Earthで確認できるGPSロガー

IT・デジタル その他

「GPSロガー『PIX-PG012-PUW』」
  • 「GPSロガー『PIX-PG012-PUW』」
  • 撮影場所を地図上に表示するイメージ
  • 撮影場所をGoogle Earthに表示するイメージ
 ピクセラは、デジタルカメラ等で撮影した写真に、撮影場所の位置情報や撮影日時をマッチングできるGPSロガー「PIX-PG012-PUW」を発表。8月19日からソースネクストのオンラインストアで発売する。価格は4,980円。

 同製品は、本体に差し込んだmicroSDメモリーカード(同梱)に位置情報を記録するGPSロガー。デジタルカメラ等で撮影した写真の撮影日時情報とマッチングすることで、各写真の撮影場所を確認できる。

 基本的な仕組みとして、電源ONからOFFまでの位置情報を測位して日時とともに記録し、あとで、どの日時にどこにいたかを確認可能。連続駆動時間が最大16時間となっており、長時間の移動にも対応する。

 測位中に撮影した写真であれば、デジタルカメラの撮影日時からGPSの位置情報を照合し、撮影場所と日時をマッチングできる。ただし、デジタルカメラとGPSユニットの日時を事前に合わせておき、ともに携帯して利用することが必要。データの照合とマッチングは、PCにUSBで接続し、PC上で行なう。

 PC上での作業には専用ソフト「PhotoPlaceGPS」を使用。記録データをGPX形式やKML形式に変換することで、Mac OS XのiPhoto'09や他のGPS対応ソフトウェアでも利用可能。また、Google Earthを使い、写真を撮影した場所や移動した経路をGoogle Earth上で確認することもできる。登山やサイクリング、旅行や散策などで使い勝手が広がる。

 本体サイズは幅約42×高さ72×奥行き26.1mm、重さは約34g(microSD含む)という手のひらサイズの小型・軽量ボディで、携帯しやすいストラップを付属。インターフェースはUSB2.0。バッテリは単4形乾電池×2。付属品はUSBケーブル/ストラップ/microSDメモリーカードなど。専用ソフト「Photo Place GPS」の対応OSはWindows 7/Vista/XP、対応画像形式はJPEG。なお、日本ウォーキング協会が提供する「GPSウォーク」サービスの利用は不可。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top