米ジンガ、ソーシャルゲーム開発の「ウノウ」を買収 ~ 日本進出をサポート | RBB TODAY

米ジンガ、ソーシャルゲーム開発の「ウノウ」を買収 ~ 日本進出をサポート

エンタープライズ 企業

「ウノウ」が手掛ける「まちつく」(画像)
  • 「ウノウ」が手掛ける「まちつく」(画像)
  • 「ジンガ」サイト(画像)
 米ジンガゲームネットワーク(Zynga Game Network Inc)は6日、ソーシャルゲーム事業を行うウノウを買収したことを公表した。ジンガは、ソフトバンクと合弁会社「ジンガジャパン」を設立する予定。

 ウノウは、2001年に設立されたソーシャルゲーム開発会社で、現在「まちつく!」「バンドやろうよ!」「海賊クロニクル」などのタイトルを提供している。今回の買収により、ウノウは「ジンガジャパン」が日本のソーシャルゲーム市場に参入するにあたり、モバイルを中心としたゲーム開発と事業展開を行う基盤となるとのこと。ジンガジャパンは、「mixi」「モバゲータウン」「GREE」上のウノウのゲームを引き続き提供しながら、ジンガのゲームをローカライズし、さらに日本市場向けの新しいゲームの開発を行う。

 ウノウの創業者 兼 代表取締役社長の山田 進太郎氏は「ジンガに加わり、ともに日本のユーザーにジンガのゲームを普及させていくことを楽しみにしています。ジンガが日本のソーシャルゲーム市場を牽引し、成長するための一員となり、日本の先進的なモバイルおよびWeb環境に、最高のソーシャルゲームを提供していくサポートができることを、非常に嬉しく思っています」とのコメントを寄せている。

 ジンガは、「FarmVille」「Treasure Isle」「Zynga Poker」「Mafia Wars」「YoVille」「Cafe World」「FishVille」「PetVille」「FrontierVille」といったゲームを提供しており、これらのソーシャルアプリケーションはFacebookやMySpace、iPhoneでプレイ可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top