初デートでのワリカンに女性の反応は? | RBB TODAY

初デートでのワリカンに女性の反応は?

 SBIカードはネットユーザーを対象としたユニークな調査結果を発表した。集計されたのは20~40代の男女有職者1,148人の回答だ。

エンタメ 調査
初デートでのワリカンについて
  • 初デートでのワリカンについて
 男性が以前から気になっている女性を誘って初デ-ト。誘われた女性も男性に以前から好意があった様子。男性が選んだ雰囲気の良いお店で2人で食事をしたが、この場合、会計はどうするのが妥当だと思うか?

 SBIカードはゲオとの提携により、自分のマネータイプ、恋愛、仕事、人間関係のタイプを映画作品のキャラに例えた診断結果を表示してくれるコンテンツ“シネマとマネーに恋してる”をオープン。同コンテンツの展開に合わせ、SBIカードとアイシェアは共同でネットユーザーを対象にマネーと恋愛に関するユニークな調査結果を発表した。集計されたのは20~40代の男女有職者1,148人の回答だ。

 それによると、冒頭の質問に対して男性が全額支払うと回答した人は63.0%で最多。一方、完全にワリカンは17.2%だった。ここで完全にワリカンを選んだ人たの属性を見てみると、20代の女性に多く、男女別に見ても男性(13.2%)より女性(26.1%)に多いことが分かった。

 では、完全にワリカン以外を選択した人は、初デートでのワリカンについてどういう印象を抱くだろうか?実際に完全ワリカンされた場合に女性がどう思うかを予想してもらいながら質問してみると、男性は「セコい男」が1位、女性は「セコい男」と「自分に対して恋愛感情がない」が同率で1位だった。

 また、実際に恋人になってからのデート代についても調査結果が報告されている。現在恋人がいるという203名に答えてもらったところ、男性の55.6%が多めに払うとし、自分が全額負担としたのは25.4%だった。女性にも同じ質問をしたところ、45.5%が相手が多めに支払い、28.6%が完全にワリカンだった。

 さらに、恋人との普段のデート代を本当はどのように負担したいかを聞いたところ、男性は自分が多め(51.6%)、女性は相手が多め(54.5%)とお互いの意見は合っている様子。しかし、普段のデートで自分が全額負担にしている男性の34.4%は、本当は相手にも負担してもらいたいと思い、普段のデートで完全ワリカンにしている女性の27.3%は相手が多めに負担して欲しいと思っていることがわかった。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top