アップル、iPhone 4ケースの無償提供を開始――申し込み期限に注意が必要 | RBB TODAY

アップル、iPhone 4ケースの無償提供を開始――申し込み期限に注意が必要

IT・デジタル モバイル

「iPhone 4ケースプログラム」を開始
  • 「iPhone 4ケースプログラム」を開始
  • 「iPhone 4ケースプログラム」の規約
  • 「iPhone 4 Bumper」のページ。7月26日現在は注文不可となっている
 アップルは、同社サイトにて「iPhone 4ケースプログラム」を開始。「iPhone 4 Bumper」またはケースを無償で受け取る方法の告知を行なっている。

 同プログラムは、「iPhone 4のアンテナ感度不具合」についての対策の一環として実施されるもの。「iPhone 4 Bumper」は耐久性のあるゴムと成型プラスチックを組み合わせた2トーンカラーのバンパーで、ケースは特定の他社製のものとなる。

 手順はまず、「iPhone 4ケース提供プログラムアプリケーション」をApp Storeからダウンロード。その後iPhone 4でアプリを起動し、iTunes StoreアカウントまたはApple IDを使用してサインインした上で、バンパーまたはケースを選択する。

 今回はすべてiPhone 4の購入者が対象。2010年7月23日よりも前の購入者は、2010年8月22日までに申し込むこととしている。そのほかは、購入から30日以内の申し込みが必要。また、本プログラムの利用は2010年9月30日までにiPhone 4を購入していることが条件となる。

 直営のApple Storeにて既に「iPhone 4 Bumper」を購入した人は、全額返金される。この場合はクレジット、現金によらず購入した際のレシートが必要で、直営店での返金の手続きが必要となる。

 アップルのオンラインストアまたは電話でクレジットカードおよびデビットカードを用いて「iPhone 4 Bumper」を既に購入した場合は、手続きは不要で自動的に返金。また、銀行振込、代金引換支払い、コンビニ払込など、そのほかの支払い方法で購入した場合は、すべて普通為替で返金対処する。

 iPhone 4本体そのものの返品も受け付けており、購入後30日以内に直営店のApple Storeに返品することで全額返金に応じるという。ただし、損傷していないものに限るとしている。

■iPhone 4白モデルは今年後半に延期

 また、延期になっていたiPhone 4のホワイトモデルが、さらにずれ込んで今年後半の提供になると発表。理由としては「当初の想定以上に、生産をするにあたり困難な状況が続いているため」とした。6月23日の一回目の延期報告では、7月後半となる見込みとなっていた。ただし、ブラックモデルの供給には影響がないとしている。
《小口》

関連ニュース

特集

page top