村上龍の最新長編小説「歌うクジラ」がiPad用電子書籍で登場――坂本龍一の音楽も挿入 | RBB TODAY

村上龍の最新長編小説「歌うクジラ」がiPad用電子書籍で登場――坂本龍一の音楽も挿入

 小説家村上龍氏の最新長編小説「歌うクジラ」が、iPad用アプリとして、紙の書籍に先駆けて配信されている。iTunes Apps Storeで購入でき、価格は1,500円。

エンタメ その他
「歌うクジラ」
  • 「歌うクジラ」
  • 「歌うクジラ」目次
  • 「歌うクジラ」本文
  • 「歌うクジラ」本文
 小説家村上龍氏の最新長編小説「歌うクジラ」が、iPad用アプリとして、紙の書籍に先駆けて配信されている。iTunes Apps Storeで購入でき、価格は1,500円。

 iPadアプリ「歌うクジラ」は、講談社「群像」の2006年3月号~2010年3月号に連載された小説「歌うクジラ」をもとにアプリケーション化したもの。同アプリには文章だけでなく、坂本龍一氏による音楽や、篠原潤氏によるアートワークが挿入されている。

 小説「歌うクジラ」は、2022年にクリスマスイブにハワイの海底で、グレゴリオ聖歌を正確に繰り返し歌うザトウクジラが発見されるエピソードから始まる長編小説。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top