26万人が騙された、最新オンライン詐欺の手口とは? ~ マカフィーがFacebookの事例を紹介 | RBB TODAY

26万人が騙された、最新オンライン詐欺の手口とは? ~ マカフィーがFacebookの事例を紹介

 米マカフィーのMcAfee Labsは7日、Facebookで新たなオンライン金銭詐欺が発生中であるとして注意喚起する文章を公表した。

エンタープライズ セキュリティ
Facebookで新商売を紹介するグループ
  • Facebookで新商売を紹介するグループ
  • 新聞紙面風のサイトには、成功事例が満載
  • 長大で退屈な契約情報の片隅に、追加支払に関する情報が記載されている
  • 被害者数が急増
 米マカフィーのMcAfee Labsは7日、Facebookで新たなオンライン金銭詐欺が発生中であるとして注意喚起する文章を公表した。

 それによると、Facebook内に「Drop The Internet Stacks of Money And Quit Your Job(インターネットに投資して、仕事を辞めよう)」という名前のグループがあり、誰でも簡単に副収入を得られ頑張れば数百万ドルを稼げるというWebサイトにメンバーを誘導するという。

 リンクをたどると偽の新聞サイトとなっており、記事形式で金持ちになる「奇跡の方法」が紹介されている。電子たばこ、栄養食品、そして歯を白くするキットを使った商売を勧めるというもので、成功者たちの談話が多数載せられており、たった2.97ドルで、このプログラムに誰でも参加可能となっている。

 しかし利用条件を詳細に確認すると、登録者は5日間の試行期間後に93.67ドルを請求され、しかも、その後も毎月同額が請求されるしくみとなっている。キャンセルするには顧客サービス部門に問い合わせる必要があるが、その住所がパナマ共和国にあるため容易ではない。複数の電話番号も掲載されているが繋がることはないという。

 非常に単純で、こんなものに騙される人がいるとは信じがたいが、Facebookのグループが作成されてから、約2週間で26万8000人のメンバーが参加していることが判明。犯罪者側が手にした金額は莫大で、被害者でなくても考えるのが恐ろしいと、同レポートでは締めくくっている。

 たしかに、「まずは試供品から(手数料実費のみ300円必要)」といった謳い文句を使えば、つい申込をしてしまい、その後の支払まで騙される人が出るかもしれない。これはあくまでFacebookの事例であるが、日本でも同種の詐欺業者は横行している。SNSのコミュに、いきなり書き込まれた旨い商売の話などには、くれぐれも騙されないよう、注意して欲しい。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top