ネットスター、フィッシング対策協議会と連携 ~ 最新悪質サイトをすばやくリストに反映 | RBB TODAY

ネットスター、フィッシング対策協議会と連携 ~ 最新悪質サイトをすばやくリストに反映

エンタープライズ セキュリティ

 ネットスターは17日、フィッシング対策協議会と連携、フィッシングURLデータの提供を受けることを発表した。

 パートナー各社のフィルタリング製品・サービスや迷惑メール対策サービス向けに提供中の、同社URLリストへの反映を開始する。法人向けフィルタリング、携帯電話向けフィルタリングおよび迷惑メール対策への適用としては、日本で初めての取り組みとのこと。なおネットスターのURLリストは、アルプスシステムインテグレーション「InterSafe WebFilter」やトレンドマイクロ「InterScan WebManager」など、法人向けフィルタリング製品で利用されてる。また、ルータ型フィルタリングサービス「ファミリースマイル」、携帯電話向けのフィルタリングサービスおよび迷惑メール対策サービスなど、家庭向けでも採用されている。

 これまでネットスターでは、他のカテゴリと同様、フィッシングサイトやワンクリック詐欺サイトについても、独自にサイトURLの収集とカテゴリ分類を行っていた。今回、フィッシング対策協議会と連携したことで、ネットスターには最新のフィッシングサイトURLが随時提供される予定。今後これらが、ネットスターのURLリストの一部として、パートナー各社のフィルタリング製品・サービスや迷惑メール対策に配信されるようになることで、新しいフィッシングサイトの発見後、サイト停止の措置が講じられるまでの間に、利用者が意図せずにアクセスし、ID等窃盗などの被害に遭うリスクを低減させることが可能となる見込み。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top