NTT東、フレッツによる無線LAN利用を促進 ~ 一部メニューを値下げなど | RBB TODAY

NTT東、フレッツによる無線LAN利用を促進 ~ 一部メニューを値下げなど

ブロードバンド 回線・サービス

取組みのイメージ
  • 取組みのイメージ
  • 「ひかり電話ルータ(無線LANタイプ)」の月額利用料の値下げ
 NTT東日本は25日、宅内外での無線LAN接続を実現するモバイルWiFiルータ「光ポータブル」の提供を発表したことにあわせて、フレッツによる無線LAN利用促進の取組みについても発表を行った。

 「光ポータブル」は2010年6月下旬より月額300円(税込315円)でレンタルにて提供開始予定。「フレッツ光」「フレッツ・スポット」および、3Gモバイルデータ通信サービスに対応し、自動回線切り替え機能により宅内でも宅外でも無線LAN対応端末の通信を実現するサービスとなる。「フレッツ光」を利用する場合、「光ポータブル」と「フレッツ・スポット」を組み合わせれば、「フレッツ光」の月額利用料に加え、月額525円(税込)で宅内外での無線LANインターネットが利用できる。

 今回、「光ポータブル」の提供にあわせ、公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」について、「フレッツ・スポット」のうち、フレッツ・アクセスサービスを契約しているユーザ向けメニューを、現行の月額840円(税込)から月額210円へ値下げする。さらに、NTTBPへのローミングにより、東海道新幹線エリア(N700系車内および全17駅のコンコース待合室)での公衆無線LAN利用が可能となる。さらに「ひかり電話」を利用しているユーザ向けにレンタル提供されている「ひかり電話ルータ(無線LANタイプ)」の月額利用料金が100円引き下げられる。いずれも6月1日より実施する。

 また6月1日~9月30日の申込受付期間中に、「フレッツ・スポット」を新規で申し込んだ場合、「フレッツ・スポット」の初期工事費2,100円が無料となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top