消防庁、Twitterで災害情報の提供を開始 | RBB TODAY

消防庁、Twitterで災害情報の提供を開始

エンタープライズ その他

Twitter「@FDMA_JAPAN」ページ(画像)
  • Twitter「@FDMA_JAPAN」ページ(画像)
  • 総務省消防庁におけるTwitter活用例
  • Twitterを通じて災害情報を発信
 総務省 消防庁は18日、災害時の双方向の情報発信手段としてTwitter(ツイッター)の活用を開始した。アカウント名は「@FDMA_JAPAN」となっている。

 平常時は、消防庁からの報道提供資料等の内容をTwitter上でつぶやくとともに、大規模災害(震度5強以上の地震など)が発生した時には、とりまとめた被害情報をTwitter上でつぶやく。災害に関し誤った情報が広まるなど、特に必要があると思われる場合に、正確な情報を消防庁が発信するのが狙いとのこと。またフォロワーのつぶやく内容(居住地周辺の災害情報を求める意見、災害対応に関する意見)も参考にするとしている。原則としてフォロワーからのつぶやきに対して個々の対応はしないとのこと。

 なお、なりすまし対策として、米ツイッター社の認証済みアカウントマークを国内の行政機関として(法人としても)初めて取得したこともあわせて発表された。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top