【富士通フォーラム2010 Vol.31:動画】プリウス搭載のマルチアングル全周囲モニタを体験 | RBB TODAY

【富士通フォーラム2010 Vol.31:動画】プリウス搭載のマルチアングル全周囲モニタを体験

エンタープライズ ハードウェア

マルチアングル全周囲モニタデモ
  • マルチアングル全周囲モニタデモ
  • 会場では実車で機能が確認できた
  • 駐車場や狭い道路でもドライバーを補助する
  • 車周辺を立体的な俯瞰映像で表示
 デモ展示されていたのはトヨタ自動車のプリウスに搭載されているマルチアングル全周囲モニタ。富士通テンと富士通研究所が共同開発した。

 同システムはフロントカメラ、サイドカメラ(助手席側と運転席側)、バックカメラの4つのカメラで撮影した車両周辺の映像をリアルタイムに高速演算。周辺を立体的に合成した映像と、3次元CGで描画した画像を生成する。映像はドライバーの好により0度、15度、30度の3段階から選択が可能だ。駐車場や狭い道、幅寄せ時などの場面で視野を補助する。また、近赤外線LED内蔵カメラで、夜間でもライト類がない車両側面を表示する。

 会場では実車に乗りながら、内部で周辺の状況を確認することができた。マルチアングル全周囲モニタはプリウス、アルファード、ヴェルファイアの3車種を対象としたディーラーオプション製品として6日から発売されている。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top