シャープ、携帯電話やデジカメ向けの3Dカメラモジュールを開発 | RBB TODAY

シャープ、携帯電話やデジカメ向けの3Dカメラモジュールを開発

IT・デジタル デジカメ

モバイル機器向けの3Dカメラモジュールを開発
  • モバイル機器向けの3Dカメラモジュールを開発
  • シャープの裸眼式3Dディスプレイ(3.4型)
  • シャープ、今夏3Dテレビを発売
 シャープは12日、ハイビジョン(720p)撮影が可能なモバイル機器向け3Dカメラモジュールを開発したことを発表。7月にサンプル出荷を行ない、今年中の量産を目指す。

 今回開発した3Dカメラモジュールは、携帯電話やデジタルカメラ、スマートフォンなどに向けられたもの。左右2つのカメラが出力する映像に対し、色と明るさを調節する「カラーシンクロ処理」、映像信号のタイミングを同期化する「タイミングシンクロ処理」、位置ずれを調整する「光軸調整処理」といった機能を搭載。加えて、イメージセンサーから信号を迅速に読み取る高速読み出し技術により、ハイビジョン撮影を可能にしたという。

 シャープではこれまで、モバイル向け3D液晶、大型3Dテレビと表示側の技術を発表してきたが、今回の開発により、入力側でも3D環境を整えたこととなる。同社では、今回の製品を実装することにより、モバイル機器における「革新的なコミュニケーションツールの実現」をうたう。
《小口》

関連ニュース

特集

page top