【富士通フォーラム2010(Vol.4)】安全運転を支援するマルチアングル全周囲モニタ | RBB TODAY

【富士通フォーラム2010(Vol.4)】安全運転を支援するマルチアングル全周囲モニタ

エンタープライズ 企業

プリウスの実車を使ってデモが行われている
  • プリウスの実車を使ってデモが行われている
  • 映像はカーナビの画面に表示される。この装備はディーラーオプションとなる
  • 4つのカメラで撮影した映像をECU(Electronic Control Unit)でリアルタイムに高速演算処理し、3DCGで描画した車両の画像と合成して表示する
  • ドアミラー下部に付けられたカメラ
  • ナンバープレート下部に付けられたカメラ
  • 死角にある障害物を運転席から発見することができる
  • 車間距離を計算し、近付きすぎた場合に警告を発するシステムに利用されているミリ波レーダー
  • 事故時の映像を記録するドライブレコーダー(市販用)
 「富士通フォーラム2010」では、安全運転を支援するマルチアングル全周囲モニタの実車を使ったデモも注目だ。

 富士通テンと富士通研究所が共同開発し、現在トヨタ自動車のプリウスとアルファードに搭載されているこのシステムは、車体の前後および左右のミラーに取り付けられた4つのカメラを使って撮影した車両周辺の映像を使って、車周囲の風景を含めた立体的な俯瞰映像をカーナビの画面に表示することができるようになっている。
 
 映像はドライバーの好みで3段階に視点を切り替えることが可能。駐車場での車庫入れや、狭い道路の通行、幅寄せ時などにドライバーの視野を補助する。

 また、左折時の見通し確認や、死角にある障害物の発見など安全運転のサポートも行う。

 ブースでは他にも車間距離を計測するミリ波レーダーや、車の運行状況を記録するドライブレコーダーの展示も行われていた。 
《田口和裕》

関連ニュース

特集

page top