iPad、日本ではソフトバンクモバイルが提供 | RBB TODAY

iPad、日本ではソフトバンクモバイルが提供

エンタープライズ モバイルBIZ

iPad本体価格
  • iPad本体価格
  • 料金プラン
  • 現時点でタブレットデバイス市場をリードするiPad
  • iPad販売開始の店内など
 ソフトバンクモバイルは8日、「iPad(アイパッド)」(アップル社製)の取り扱いについて正式発表した。5月10日午前10時より先行予約受付を開始し、Wi-FiモデルとWi-Fi+3Gモデルを提供する。提供は5月28日より。

 iPad本体とともに、専用プリペイドプランをラインアップ。24か月の分割支払いプラン、月々のデータ料金の割引、そして公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供する。

 Wi-Fiモデルの本体価格は24回分割払いの場合月々2,220円~。Wi-Fi+3Gモデルの本体価格は、前払い方式のプリペイドプランに申し込んだ場合で、月2,760円~(24回分割払い)。国内使い放題の「(iPad専用)データ定額プラン」に申し込んだ場合、月2,430円~(24回分割払い)となる。

 プリペイドプランを契約すると、2010年6月30日まで4,410円で3Gネットワークが使い放題となる。7月1日からは4,410円で30日間もしくは1GBまで利用できる「(iPad専用)プリペイドプラン(1GB)」と、1,510円で30日間もしくは100MBまで利用できる「(iPad専用)プリペイドプラン(100MB)」を選択可能。国内使い放題の「(iPad専用)データ定額プラン」は、「iPad向け月月割」によって、月額2,910円で利用可能。

 取り扱い店は、ソフトバンクショップ(一部)や家電量販店のアップルコーナーなどのiPad正規販売店。また、Apple直営店ではiPadの全モデルが、AppleオンラインストアではWi-Fiモデルが予約可能となる予定。

 ソフトバンクモバイル代表取締役社長 兼 CEOの孫 正義氏は「アップルとのパートナーシップによりソフトバンクモバイルが日本でiPadを提供できることを喜ばしく思います。ソフトバンクモバイルのお客さまが、この魔法のようなプロダクトを経験して、楽しんで頂くために、驚くべき幅広いプランを用意しました」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top