アールラーニング、Railsベースのプッシュ型情報共有ソリューション「UGUISU Ver.1.0」発売 | RBB TODAY

アールラーニング、Railsベースのプッシュ型情報共有ソリューション「UGUISU Ver.1.0」発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「UGUISU」オープニング画面
  • 「UGUISU」オープニング画面
  • 「UGUISU」アンケート画面
  • 「UGUISU」レポート画面
 アールラーニングは7日、プッシュ型情報共有ソリューション「UGUISU Ver.1.0」の販売を開始した。

 「UGUISU」は、オープンソースのWebアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」(ルビーオンレイルズ)を用いて開発された、国内初の本格的プッシュ型情報共有ソリューション。複数拠点・事業部間のコミュニケーションを円滑にしたい、ビジネスの進行状況や社内通達を全担当者で共有したい、社員の意見を簡単に収集したい、社内SNSなどの社内情報共有支援システムの運用負荷を軽減したいといったニーズに対応する。

 イントラネット上での社内コミュニケーションを活性化させることを目的とした「自動グルーピング機能」および「自動ユーザーレコメンド機能」、利用者間の情報発信および共有を支援する「ニュース機能」「レポート機能(日記/日報)」「掲示板機能」、社内情報共有支援機能としての「アンケート機能」「グループ機能」などを標準で提供する。これらの機能が“会話のキッカケ”となり、点在する拠点の社員間でも円滑なコミュニケーションが行いやすくなるため、社内SNSやグループウェアの導入時に発生する利用頻度の格差を解消できる見込みだ。またRuby on Railsベースで開発されたことで、柔軟に顧客の個別用件にも対応できるとのこと。

ソフトウェア・ライセンス価格は5ユーザまでが25,000円、10ユーザまでが48,000円、20ユーザまでが78,000円、30ユーザまでが100,000円、50ユーザまでが130,000円、100ユーザまでが200,000円(101ユーザ以上は要問い合わせ)。利用開始から1年間のサポートサービス料込み。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top