インテル、スマートフォン/モバイル端末向けにAtomベースのプラットフォームを発表 | RBB TODAY

インテル、スマートフォン/モバイル端末向けにAtomベースのプラットフォームを発表

IT・デジタル モバイル

インテル、スマートフォン/モバイル端末向けにAtomベースのプラットフォームを発表
  • インテル、スマートフォン/モバイル端末向けにAtomベースのプラットフォームを発表
  • 新プラットフォームの構成要素
  • 新プラットフォーム採用のAava Mobile製スマートフォン
  • 新プラットフォーム採用のOpen Peak製のタブレット端末
 インテルは6日、Atomプロセッサーをベースとした新型プラットフォーム(開発コード名:Moorestown)を発表。同日から出荷を開始した。スマートフォンやモバイル端末向けの製品となる。

 同プラットフォームは、高性能化が加速するスマートフォンやタブレット型端末、モバイル端末に最適化されたもの。同社の説明によれば「スマートフォン市場でのインテル・アーキテクチャー採用に向けた道を開く最初の製品」だという。

 消費電力の大幅な削減と、高品質なグラフィックス性能、高速なCPU性能を打ち出している。待機電力は、同社の前世代製品とプラットフォーム・レベルで比較した場合に50分の1以下、音楽再生時の消費電力は20分の1以下、web閲覧や動画閲覧では2~3分の1以下に抑制されたという。

 グラフィックス性能では、1080pフルHD動画のデコード、720pハイビジョン録画に対応。3DグラフィックスなどのリッチコンテンツをPCと同じように再生可能とうたう。また、スマートフォン向けでは最大1.5GHz、モバイル端末向けでは最大1.9GHzの高い動作周波数を実現し、よりスムーズなマルチタスクを可能にするという。

 プラットフォームには、Atom Z600番台、プラットフォーム・コントローラー・ハブのMP20、専用のミックスド・シグナルICを搭載。45nmプロセスを採用し、3Dグラフィックス機能、動画エンコード/デコード、メモリ/ディスプレイコントローラーを統合したシステム・オン・チップ(SoC)設計を用いた。また、無線LAN、3G/HSPA、WiMAXといった各種の通信規格、Android、MeeGo、Moblinなどの各種OSをサポート。これら幅広い互換性を武器に、同社ではモバイル分野での同プラットフォームの拡大を見込んでいる。
《小口》

関連ニュース

特集

page top