「究極のディスプレイ、3Dに見えるくらい鮮明」――サムスンスマートフォン「Wave」「GALAXY」 | RBB TODAY

「究極のディスプレイ、3Dに見えるくらい鮮明」――サムスンスマートフォン「Wave」「GALAXY」

IT・デジタル モバイル

サムスン携帯
  • サムスン携帯
  • Android搭載スマートフォン「GALAXY S」
  • GALAXYの文字入力画面
  • GALAXYの動画
  • bada OS搭載スマートフォン「Samsung Wave(S8500)」
  • 女性向けスマートフォン「Diva」
  • 女性向けスマートフォン「Diva」裏面
  • プロジェクター搭載「Samsung BEAM(SPH-W9600)」
 サムスンは23日、都内で開催した同社のスマートフォンラインナップに関する説明会にて、同社が今年のフラグシップ端末と位置付けているAndroid搭載のスマートフォン「GALAXY S」と、サムスン独自のOS 「bada」搭載の「Wave」を紹介した。「Wave」は2月にバルセロナにて開催された「Mobile World Congress 2010」で、「GALAXY S」は3月にラスベガスにて開催された「CTIA Wireless 2010」にてそれぞれ発表されたもの。

 「Wave」は同社独自に開発したオープンOS badaを搭載した第1号モデルで、サイズは幅56mm×高さ118mm×厚さ10.9mm。Super Amoledという3.3インチ(800×480)の「スーパー有機ディスプレイ」を搭載し、同社のLCD、LEDテレビに使われる技術であるmDNIe(mobile Digital NaturalImage engine)を応用した。これにより、従来の有機ELディスプレイに比べ、5倍以上の輝度を持ち、野外での視認性も20%以上向上したという。

 サムスン端末営業部長のオウ氏は、「今年のフラグシップ端末に搭載したスーパー有機ELディスプレイによって、3Dに見えるくらい非常に鮮明で明るい映像を表示できる。このディスプレイを採用した端末を海外の事業者に紹介したところ、スーパー有機ELがあるだけで弊社の端末が欲しいという声を頂いた。究極のディスプレイだと考えている」と語った。

 またツイッターやフェースブックなど、SNSの情報、メッセージを一括管理できる機能「Social Hub」を備えたことにより、様々なSNSのアップデート情報がリアルタイムで表示されるという。さらにユーザーインターフェースのカスタマイズ機能である「TouchWIZ 3.0」を備え、SNSへのアクセル、音楽再生、画像閲覧時などメニュー画面において、ユーザー自身が画面のカスタマイズを行える。

 CPUは両機種とも1GHzの「C110」を搭載。オウ氏は、「独自のアプリケーションプロセッサを開発して、カタログ通り1GHzの処理速度を実現した。今現在世の中に存在しているアプリケーションプロセッサの中では最上のものだと自負している」と述べた。

 「GALAXY S」は、Android OSの最新版Android 2.1を搭載し、サイズは幅64.2mm×高さ122.4mm×厚さ9.9mm。4インチ(800×480)の「スーパー有機ディスプレイ」、nDNIe技術を採用。1GHzのプロセッサ(C110)を搭載し、「Social Hub」機能も備えている。Android OS搭載のため、Google SearchやGmailなどのGoogleによるアプリケーションが使用できる。

 販売開始時期は、「Wave」が5月に韓国にて、「GALAXY S」が5月末にヨーロッパ、北米、アジアにてそれぞれ発売予定。

 また、そのほかのスマートフォンラインナップとして、Android OS搭載で、DivXビデオコーデック対応の「GALAXY SPICA」や、最大50インチの映像を投影できるプロジェクター搭載の「BEAM」、デザイン重心の女性向けスマートフォン「Diva」、3インチの液晶ディスプレイ、「TouchWIZ 2.0PLUS」を搭載した「Monte」、Windows Mobile搭載の「OMNIAPro」などが紹介された。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top