NTTデータのクラウドサービス、「BizXaaS」へリニューアルし本格展開開始 | RBB TODAY

NTTデータのクラウドサービス、「BizXaaS」へリニューアルし本格展開開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

BizXaaSロゴ
  • BizXaaSロゴ
  • BizXaaSのサービスメニュー
  • BizXaaSプラットフォームサービスのサービス概念図
 NTTデータは8日、クラウドサービスのブランド名称を「BizCloud」から「BizXaaS(ビズエクサース)」に変更し、本格的なサービス展開を開始することを発表した。

 NTTデータでは、エンタープライズ向けトータルクラウドサービスを、2月より一部先行提供を開始。今回8日より、個別の顧客の要件に合わせたプライベートクラウドや特定の顧客による共同利用型のコミュニティクラウドを提供する「クラウド構築・運用サービス」を、4月22日より幅広い業種の顧客が共同で利用するパブリッククラウドを提供する「クラウドプラットフォームサービス」を提供開始する。これにより4月22日より、同社では全サービスメニューの提供を開始することとなる。「XaaS」は、「X(さまざまなものを)+aaS(as a Service:サービスで)」の意で、クラウドを核として、ITアウトソーシングのみならず、エンタープライズの顧客ニーズに合わせた多様なアウトソーシング(as a Service)を目指していくことを込めたという。

 「クラウド構築サービス」では、ファシリティ、ネットワーク、OSから開発フレームワークまでのソフトウェア、CPUやメモリ、ハードディスクなどのハードウェアを含め、プライベート/コミュニティクラウドとしての共通基盤環境を構築する。サービスラインアップとして個別要件に合わせて環境を提供する「プラチナモデル」、ITシステムの重要度や利用形態に応じて柔軟に構成を選択できる「ゴールドモデル」、1ラックにシステム環境が一式用意された定型構成の「シルバーモデル」を用意する。

 「運用管理サービス」では、「BizXaaS」の各種サービスに対し、プロフェッショナルの技術と経験による一元的な運用管理を行う。ITILに即した運用管理に求められるメニューを、「サービスデスク」「インシデント管理」「問題管理」などの標準サービスと、「変更管理」「リリース管理」「セキュリティ管理」などのオプションサービスとして用意する。

 その他企業のフロントオフィスからバックオフィス業務までトータルに揃えた「SaaS型アプリケーション」、SaaS型のアプリケーションを簡易にカスタマイズするツールや、組み合わせる際に役立つサービスを用意した「プラットフォーム (PaaS)」の提供を行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top